胸を張ったきれいな姿勢で歩くと良いです【ダンスの基礎】

胸を張ったきれいな姿勢で歩くとは

どうしたらきれいな姿勢で歩けるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

胸を張ったきれいな姿勢で歩くと、動作が美しくなります

ダンスの練習をしているのに、普段歩くとき何も意識せず猫背気味に歩いているなら、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、猫背で歩いている姿勢は、ダンスのシルエットとして美しくないからです。

例えば、いつもどおり普通に歩いてみて下さい

首が前に出ている人は、背中が丸まっているので、脊柱起立筋が弱い証拠です。

胸を軽く張って、胸を張ったまま歩いてみましょう。

首は前に出てないけど背中が丸まっている人は、肩甲骨が固くなっています。

胸を前に出して肩甲骨を後ろに寄せた姿勢で、歩いてみましょう。

かかとから踏み出して歩いている人は、つま先から歩いて、つま先から床に付けるようにして歩いてみて下さい。

片方の肩が上がっている人も、背中が丸くなっていますので、胸を張って、胸を張った姿勢をキープしたまま歩いてみましょう。

もう少し突っ込んだ話をすると、歩く姿勢はダンスで動いているときのシルエットそのものになりますので、胸を張って左右のバランスを整えた方が良いよって話です

さらに言うと、動きによっては胸を張らず前のめりになったほうが良いときもありますが、それはそれとして別の動作として理解したら良いです。

まとめると、基本的には、胸を張ったまま真っすぐ立って、左右のバランスが均等な状態で歩けたほうが良いかと思います

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です