ダンス前後におすすめ!腰のストレッチのやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ダンス前にできる簡単な腰のストレッチのやり方を知りたい。
  • ダンスをやり始めたので、ストレッチで腰を柔らかくしたい。
  • ダンス前後に腰を気持ちよくストレッチしたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ダンス前に腰をストレッチして柔らかくすると痛めにくい
  • ダンス前後におすすめな腰のストレッチのやり方
  • 腰と上半身全体の表と裏を伸ばすストレッチのやり方

当記事の信憑性

2018年9月12日現在、週2回ヨガのレッスンに入っています。

それぞれ先生が違うんですが、どちらの先生もやっていて「これはいける」と思った、簡単な腰のストレッチのやり方をまとめてみました。

今回お話しする腰のストレッチをダンス前後に毎日やるようにしたら、腰を痛めにくくなりました。

追記

腰と上半身全体の表と裏を伸ばすストレッチは、腰をしっかり伸ばして柔軟性をさらに上げたい方におすすめです。

柔軟性が上がれば上がるほど、お尻と背中で作る滑り台が深くなっていきます。

ダンス前に腰をストレッチして柔らかくすると痛めにくい

ウォーミングアップもストレッチもせずに、ダンスを踊るとどうなるでしょうか?

答え:身体が温まってないので、腰を痛めやすいです。

腰を痛めないようにするために、どうしたらいいでしょうか?

答え:腰のストレッチを行うようにする。

ザックリいうと「ウォーミングアップで腰をストレッチする→腰を痛めにくくなる」みたいなイメージです。

補足

ダンスは、身体の柔軟性を使った複雑な動きをしています。

特に、腰は身体全体の動きを支えるために常に負担がかかっています。

さらに、ダンス前後におすすめな腰のストレッチのやり方を深掘りしていきます。

ダンス前後におすすめな腰のストレッチのやり方

こんな方におすすめ

  • ダンス初心者で腰を痛めやすい
  • 腰回りがガチガチに固い
  • 簡単なストレッチで腰を柔らかくしたい

お腹を縮めて伸ばす腰のストレッチ2種類

  • お腹を縮める腰のストレッチ
  • お腹を伸ばす腰のストレッチ

ザックリいうと「お腹を縮める+お腹を伸ばす」両方を行うことで、腰回りが緩んで柔らかくなるイメージです。

まずは、お腹を縮める腰のストレッチから見ていきます。

お腹を縮める腰のストレッチ

四つん這いになります。

両腕を伸ばして肩の下におきます。

両ひざを骨盤の下に持ってきます。

この状態が、スタートポジションです。

お腹を上に上げていきます。

背中を曲げるイメージです。

足先を伸ばします。

最後に、おへそを覗き込むようにします。

お腹をぎゅっと潰すようなイメージで行います。

お腹が上がってきて、お尻が下がっている状態です。

次は、お腹を逆向きに伸ばしていきます。

次に、お腹を伸ばす腰のストレッチを見ていきます。

お腹を伸ばす腰のストレッチ

四つん這いになります。

両腕を伸ばして肩の下におきます。

両ひざを骨盤の下に持ってきます。

この状態が、スタートポジションです。

お腹を下に下げていきます。

胸を張るイメージです。

かかとを浮かせていきます。

最後に、目線を上に向けていきます。

お腹を伸ばすイメージで行っていきます。

お腹が下がって、お尻がプリっと突き上がっている状態です。

チャイルドポーズ

終わったら、チャイルドポーズで全身の力を抜いてリラックスしましょう。

チャイルドポーズ

四つん這いになります。

お尻をかかとにつけます。

両手を前に伸ばします。

額を床につけます。

身体の力を抜いていきます。

腰と上半身全体の表と裏を伸ばすストレッチ

こんな方におすすめ

  • 腰を中心に上半身全体をストレッチしたい。
  • 腰回りを強めにストレッチしたい。
お尻を上げる+背中と腰を床に近づけるストレッチ

四つん這いになります。

胸を床に近づけていきます。

同時にお尻を後ろに突き上げるようにします。

胸とお尻で滑り台を作るようなイメージです。

背中と腰をぐっと床に近づけるようにします。

両手を前に伸ばします。

指先を45度上に向けます。

背中と腰を床に近づけるほど、強い伸び感を感じられるはずです。

胸とお尻で作る滑り台の角度が、深くカーブを描くようになればなるほど、身体がやわらかくなってきている証拠になります。

腰を反って目線を上に向けるストレッチ

四つん這いに戻ります。

両手を肩の下につきます。

腰を落とします。

胸をぐっと張ります。

目線を上に向けます。

腰に強い伸び感を感じられればOKです。

チャイルドポーズ

お尻を後ろに出します。

背中を丸めて、上体を床に落としていきます。

全身の力を抜いてリラックスしましょう。

おすすめの関連記事

ダンスに必要な肩甲骨ストレッチのやり方を解説!アイソレーションも!

ダンスの前後に!全身を伸ばして縮める簡単ストレッチのやり方とコツを解説!

背中を柔らかくするストレッチのやり方を解説!

まとめ

簡単なストレッチですので、ダンスの前後や、練習の休憩中にぜひやってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。