動きが固くなってしまう原因と対処法【カクカクを改善する】

動きが固くなってしまう原因と対処法とは

振り付けの練習をしていると、動きがカクカクなってしまうのはどうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

動きが固くなってしまう人は、身体をゆっくり動かすと良いです

一生懸命身体を大きく動かそうと頑張りすぎて、カクカク動いてしまう人は、練習方法を改めた方が良いです

何故かと言うと、固くぎこちない動きになってしまうからです。

じゃあどうしたらいいかと言うと、身体をゆっくり動かす練習をすると良いです。

例えば、その場で、軽くリズムに乗ってみて下さい。

腕と足だけが動く人は、身体の使い方が固い証拠です。

ゆりかごのように下方向にえぐるような動作で、腰を入れてみて下さい。

もっと具体的に言うと、重心が片足に移るときに、腰も一緒に片足の方に動かすイメージです

ゆっくりとした腰の動きが入ってくると、動作的にカクカクではなく、ヌルっとした表現になるかと思います。

もう少し突っ込んだ話をすると、動きがカクカクなってしまう人は、身体のアイソレーションがきちんと使えていないので、手足だけが動いてしまい、全体的に動きが固くなってますよって話です

まとめると、動作にゆっくりとしたアイソレーションを入れるようにすると、動きが柔らかくなっていくよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です