ダンス基礎!腕の動き+上体のアイソレーションのやり方

こんな方におすすめ

  • 腕の動きと上体のアイソレーションを連動させたい。
  • アイソレーションをダンスの動きに取り入れたい。
  • 腕を使いながら身体を動かす動き方を練習したい。

 
この記事を読んでわかること

  • ヒップホップには、腕を使った動きがいろいろある
  • 腕の動き+上体のアイソレーションのやり方

僕は、週2回ダンススクールに通っています。

ダンスコンテストに向けて、毎日のようにダンスを練習しています。

ダンスコンテストについては、以下の記事に書いています。

ダンスイベントに出るためにしておきたい準備について解説!

コンテストで踊る振り付けの中で出てくる、腕の動き+上体のアイソレーションのやり方をまとめてみました。

ヒップホップには、腕を使った動きがいろいろある

ヒップホップには、腕を使った動きがたくさんあります。

両手で頭を包む動き腰と腕でリズムをとる動き、腕の動き+上体のアイソレーションなどいろいろあります。

ガールズダンス基礎!両手で頭を包む動きのやり方を解説!

ダンス基礎!腰と腕でリズムをとる動きのやり方!

腕をしなやかに使うことで「ダンスにメリハリが出る+セクシーな雰囲気を醸し出す」ことができます。

ということで、腕の動き+上体のアイソレーションのやり方を深掘りしていきます。

腕の動き+上体のアイソレーションのやり方

こんな方におすすめ

  • 腕の動きとアイソレーションを連動させたい。
  • 腕の動かし方を上達させたい。
  • アイソレーションのバリエーションを増やしたい。

サイドに向いて、フロントステップを入れていきます。

左手は「顎の下→頭を包むように頭の上→頭の右側」の順番で腕を流していきます。

「腕の動き+上体のアイソレーション」を同時に行っていきます。

 
腕の動き+上体のアイソレーションのやり方

立ったまま、左を向きます。

サイドに向いて、フロントステップを入れていきます。

左手は「顎の下→頭を包むように頭の上→頭の右側」の順番で腕を流していきます。

右足を踏み込む+左手を顎の下に添えます。

左手で頭を包むように動かします。

左足を踏み込む+左手を頭の右側に流していきます。

左手を胸の前に持ってきます。

「胸の前から、左手を左に流していく+半円を描くように上体を下から右へ流す」という動きを連動させていきます。

擬音を使うと「グイーンと床をえぐるように上体を動かす」イメージです。

心の中で「グイーン」と言いながら練習するのがおすすめです。

補足

ダンス初心者の方は、腕の動きが雑になりがちです。

ゆっくりなリズムでいいので、腕が滑らかに動かせるように練習していきましょう。

おすすめの関連記事

両手で頭を包む動きのやり方も、腕の使い方の練習になります。

ガールズダンス基礎!両手で頭を包む動きのやり方を解説!

腰と腕でリズムをとる動きも、参考にしてみて下さい。

ダンス基礎!腰と腕でリズムをとる動きのやり方!

まとめ

腕の動き+上体のアイソレーションの動きは、ヒップホップの基礎技です。

しっかりマスターしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。