ダンスの基礎④!ターンのやり方を徹底解説!

ターンって、見ているだけで優雅な気持ちになれますよね。

ですが、回っている方は、結構いろんな意識を持ちながら、回っています。

目線を前に向けて、軸を真っ直ぐにして、お腹に力を入れて、腰のツイストも入れて、回ったあとはしっかり止まってと、ポイントをしっかり押さえながら練習していきましょう。

ターンのやり方を動画で解説

ブレイキン大好きな柊さんと、白い帽子がいい感じにかっこいいYusukeさんの動画を参考にして、ターンのやり方ををマスターしていきましょう。

ターンの基本!まずは1周キレイに回ろう!ターンが苦手な人向け

今日は、ターンについてのお話しです。

ターンとは、身体を回すことです。

ダンスを覚えようとか、振り付けを覚えようとかなったら、ほとんどの場合、ターンが出てくると思います。

ターンの回り方

ターンには、4通りの回り方があります。

1つ目は、反時計回りにまわります。

2つ目は、時計回りに回ります。

という、回り方が、まず、2つあります。

そして、3つ目は、足を前に引っ掛けて回ります。

4つ目は、足を後ろに引っ掛けて回ります。

足の引っ掛け方が、2つあります。

4通りと言いましたけど、反時計回りか、時計回り化は、振り付けによって変わるので、特に気にしなくてもいいです。

それよりも重要なのは、足を前に引っ掛けるのか、後ろに引っ掛けるのかです。

おそらく皆さん、利き足で、利き足を引っ掛ける側にするほうが、楽だと思います。

ということで、今回は右足でやっていきます。

回る前のお約束があります。

絶対に身体を曲げたり、頭を下に下げたりしないでください。

なぜかは、後で説明します。

身体は、真っ直ぐな状態です。どっちかというと、軽く胸を張るくらいにします。

軽く胸を張った状態で、右足を前に引っ掛けてみましょう。

この状態で、くるっと反時計回りに一回転します。すると、左足が前に来ていると思います。右足は、その後ろに行っている状態です。

これが、ターン成功の状態です。

次は、右足を後ろに引っ掛けて回ってみましょう。

すると、右足を後ろに引っ掛けたはずなのに、右足が前に来ていると思います。

こういう現象が起きていたら、ターン成功です。

このターンは、バレエのターンとは、異なります。

先程、身体を曲げたりしないでくださいと言いました。

なぜかというと、身体を曲げたり、歪んだ状態で回ってしまうと、遠心力が頭の方に働いてしまって、回転がブレます。

目線は、まっすぐです。

これ以上身体をひねったら首が折れますっていうくらい、前に目線を定めておいて、ギリギリのところで、限界が来たら、身体と一緒に首を回してすばやく前に目線を戻します。

目線は、同じところを見るようにしてください。

足を引っ掛けるのが、前でも後ろでも同じように、目線を真っ直ぐにしておきます。

特に、最初と最後の目線だけは、ぶらさずにターンしてみてください。

目線がぶれてないってことは、身体が前に倒れたりしてないっていう、証でもあります。

ターンが苦手な人向けの必殺技

どうしても身体が曲がっちゃいますとか、猫背になっちゃいますっていう方には、必殺技があります。

手を前に出して、親指と人差指で三角形を作ってください。

三角形を真上に持ってきます。真上にある三角形の穴を、ずっと見ててください。

ずっと見てる状態で、くるっと回ります。

すると、どうでしょう。

嫌でも、身体は曲がってないんじゃないかなと思います。

ターンが苦手な方は、この方法を試してみてください。

慣れてきたら、手は上に上げたままで、目線は前にした状態で、回ってみてください。

回り方は、わかったと思います。

最後に、いちばん大事なのが、回ったあとに、必ず動きを止めるということです。

回って止めるのが出来なくて、バーンっとフラフラしてしまうと、ターンが台無しになってしまいます。

最後、止めるのってどうやるかと言うと、イメージは、回ってピタッです。

どこに力が入っていると思いますか?上半身の力を入れて気合でって、そんなわけはありません。下半身に力を入れます。

太ももを、内側にキュッと締めるイメージで足に力を入れて、止めます。

あんまり、フルパワーで締めなくていいです。太ももを引き締めるようなイメージで、やってみてください。

手のシルエットは、肩をおとして、ひじを上げて、胸の高さくらいに添えて、回っていきます。

ターンというのは、スピード重視でいち早く回ればいいとか、回転数をいっぱいにしてとか、そういうイメージがあると思います。

ですが、まずはまっすぐきれいに一周回るところから、始めてみてください。

慣れてきたら、勢いをつけて回ってみたり、ターンから次のステップにいって、ステップから回ってみたりとダンスに取り入れてみてください。

いろんな応用が効くようになってくると思います。

体幹を鍛えることで、ターンの軸がブレなくなってきます。

バレエの人は、5回転とか回っています。体幹が強い証拠です。頑張ってください。

ターンが上達!ダンスの基礎!クロスターンのコツ

初心者でも練習しやすい、クロスターンのやり方をお伝えしていきます。

初心者でも転倒する心配が、ほとんどないので、初心者の方に気軽におすすめできる動きです。

ターンが苦手な人ほど、今回の動画をしっかりチェックしてみてください。

なぜかというと、クロスターンは、どうしてターンが上手く回れないかという原因を、上手く掴むことが出来る動きです。

言ってしまうと、ダンス練習の基礎トレーニングにもなります。

要チェックです。

今回は、右足を前に引っ掛けるバージョンでやっていきます。

左効きの人は、左足でやってみてください。

慣れたら、両方の足で練習してください。

クロスターンをしたあとに、バランスが取れる人、グラついてしまう人、足が変な動きで絡まってしまう人、どうして良くない例が出てきてしまうのかっていうのを、解説していきますので、最後までお付き合いいただけると幸いです。

クロスターン

まず、一番最初の基本的な練習方法ですが、右足を前に引っ掛けます。

そのときに、両手を肩のラインでサイドに伸ばします。

腕のシルエットが、下がってしまわないように意識してください。

女の子にありがちです。

手が下がってしまうと回りづらいので、しっかり手のシルエットを意識して、サイドに伸ばしましょう。

この状態から、くるっと反時計回りにまわって、正面で止まります。

そのときに、ちょっとグラッとするのは、慣れてないうちは、普通に起こり得ることなんで、あまり気にしないでください。

慣れてきたら、ピタッと止まれるようになります。

ただし、グラっとして、足が一歩動いてしまう程グラついてしまうのは、良くないので、改善していきましょう。

上手くターンが出来ない人は、どういう特徴が出るかと言うと、ターンが終わったあとは、通常は、気をつけの状態に近くなるはずなんです。

気をつけから、左足が、ちょいっと前に出た状態で終わっているのが、理想的なフォームです。

ですが、ターンが出来ていない人は、足が絡まってしまいます。足がクロスしてしまうんです。

これは、あまりいい例じゃありません。

足がクロスする原因は、何にあるかと言うと、ケースバイケースでいろんな事例があるんですが、ほとんどの場合、重心が原因です。

つまり、ターンするときというのは、真っ直ぐの状態で、身体を均等に保つ必要があります。

重心を中心に集めるイメージです。

ですが、上手くターンが回れない人というのは、ほとんどの場合、重心が前にかかっています。

重心が後ろにかかっているということは、僕が過去教えた生徒の中には、いなかったですね。

みんな、重心が前の方にかかっていて、重心がつま先の方に強く乗っかってしまうと、足が絡んでしまったりします。

もう一度、確認していきましょう。

ターンが上手な人は、ターンしたあとに、気をつけに近い状態になっています。

右足を前にかけてターンすると、ターンしたあとに、左足が前の方に来ているのは、自然なので問題ないです。

僕が今、成功のパターンと、失敗のパターンの2パターンが出来ているかと言うと、成功のパターンでは、ちゃんと回っています。

失敗のパターンでは、意識して、重心を前の方に持ってきています。

足の裏全体に、重心を均等にかけていれば、きれいに回れます。

つま先に重心をかけると、重心が前のめりになって、上手く回れません。

無理やり回っている状態なので、足が絡まってしまいます。

次の動作にいけなくなってしまうし、速い回転が効かなくなります。

しっかり、改善していきましょう。

これで、改善方法がわかりましたね。

ターンのコツ

ターンするときというのは、足の裏全体に重心をかけます。

かかとに重心が乗っかるというのは、ほとんどないケースなんですけど、まれにあるとしたら、つま先に豆があるような場合ですね。

痛いからかかとの方に重心がかかることはあると思います。

とにかく、足の裏全体に、均等に体重をかけることを意識してください。

つまさきにかけちゃいけないってことじゃなくて、均等に、全体的にバランスよく体重をかけてください。

その状態をキープしながら、回りきることです。

一番最初は、均等に保てても、回り始めた瞬間に、また重心が前にかかってしまうこと、これが、よくあるんです。

なんでかというと、ターンというのは、遠心力が生まれますので、力が外側に逃げていくような感じになります。

そのときに、お腹の筋肉をゆるゆるにしちゃっていると、身体がすぐ外側の方に、振られていってしまいますので、足と合わせて、お腹あたりの筋肉も軽く意識してみてください。

グッと力をいれるというよりは、長時間力を入れてても大丈夫なくらいの割合で、お腹を固めてください。ターンが、成功しやすくなります。

重心を両足全体にしっかりかけることと、お腹の力を入れて、体幹をしっかりまっすぐ保つことを意識すれば、上手くターンが出来るようになります。

トライしてみてください。

体重を均等にかけて、いい姿勢を心がければ、何回ターンしても、上手いこと回れます。

今回は、クロスターンのやり方をお伝えしてきました。

ターンというのは、どのターンもそれぞれやり方は違うんですけど、次にやってほしいのは、キックターンです。

キックターンは、入り方は違うんですけど、今回と同じ様なテクニックを使っていきます。

この動画で基本的な要素を学んだ皆さんだったら、今回のクロスターンだけじゃなくて、キックターンもできます。

キックターンのほうが、結構実践的に使えてかっこいいので、ぜひ、キックターンもやってみてください。

ダンスの種類(ジャンル)関係なく使える基本テク「キックターン」

キックターンの練習方法を、ご紹介していきます。

キックターンは、ヒップホップや、ロックダンスを始めとした、ストリートダンス全般的に使います。

ジャンルを問わず広く使えるテクニックとして、個人的には、すごくおすすめです。今から練習方法を紹介しますので、ぜひやってみてください。

文字通り、キックをしてターンをするんですけど、簡単そうに見えて、実は少し複雑です。

動きがある中でのターンって、ある程度のセンスもいります。ですが、センスの有るなしにかかわらず、練習は必ず必要です。

センスが無いからとあきらめずに、毎日のように練習してください。

先程お伝えした、クロスターンは、割と簡単です。

なぜ簡単かと言うと、一旦動きが止まってから回れるので、初心者でもすごく練習がしやすいです。

ただ、今回のキックターンは、同じ一周だとしても、ちょっと難しくなります。

なぜかというと、止まることがなく、動いてる中で、ターンに持っていくからです。

良い面では、勢いが付きます。

2周回ったり、3周回ったりするのに向いてます。

ただ、動いている中で、ターンに持っていくというのは、難しいです。

訓練が必要です。

基本的な練習方法と、コツを紹介していきます。

右足のバージョンをやっていきます。

キックターン

右足でキックして、トントンと右足、左足で足踏みをします。

ロックダンスのスキーターラビットの動きを、その場でやる感じです。

ヒップホップでいう、ポップコーンの足のイメージです。

キックトントンです。

慣れてきたら、キックするときに、軸足となる左足を後ろに引いてください。

右足をキックして、右足を床でトンしたら、次のトンで左足を右足の横に引っ掛けます。

下を見ながらでいいですので、しっかりサイドに足を持ってくる練習をしてください。

真横もしくは、もう少し前の方に押し込んで回る方もいます。

2週くらい回るんだったら、勢いをつけるために、前の方に足を押し込んだほうがいいです。

いろいろ試してみて、自分のやりやすいポジションを掴んでください。

映像だと見づらいので、言葉で説明します。

回るときに、軽く腰をツイストさせます。例えば、時計回りにグッと身体を捻じれば、戻る力が働くので、自然に筋肉が元に戻ろうとします。

今回のターンもちょっと回る前に、回る方とは、逆側に腰のツイストを入れると、力強く回れます。

1周だったら、腰のツイストを入れなくても良いんですけど、一周半とか、二周くらい回りたければ、腰のツイストが必要になってきます。

僕の腰回りの動きも、チェックしてみてください。

キックトントンの最後のトンのときに、回る方とは逆側に、身体をねじっています。

逆側に腰が入っていることを意識して、練習してください。下半身は、回る方向に行き始めているんですが、上半身をグッと前に留めて粘っておきます。

そうすると、ターンのときの最初に勢いが生まれます。

見た目もかっこいいです。

これがないと、自分の力で回る感じになります。

なんとなく、頑張って回っている感じになります。

下半身と上半身が、バラバラな感じになります。

ですので、腰のツイストをしっかり意識して、動きに勢いを付けていきましょう。

下半身の力を、上半身に上手く伝えるためにも、腰の役割はすごく大きいので、そこを意識してみてください。

あとは、良くない例として、キックトントンのトンで足を付いてターンするのは、遅いです。

最後のトンのときは、足がついたらすでに回っている意識をもって練習してください。

足を巻き込むと同時にターンするイメージで練習をしてください。

タイミングも大事です。練習段階としては、足を確認しながら回ってもいいです。

これが、長い時間続くと、悪い癖がつきますので、イチ・ニノ・サンのサンで、ちゃんと回るタイミングで練習してください

このタイミングだと、練習も楽しくなると思います。

キックターンは、とても魅力的です。

動いている状態で、ターンに持っていくっていうのは、初心者からすると、ちょっとテクニックがいります。クロスターンだと、足を止めて回れましたよね。

キックターンは、動きのある中で回っていきます。より実践的で、とても使いやすいテクニックです。

ぜひ練習して、自分の技にしてみてください。

練習するときは、無理して転倒する恐れのある動きなので、初心者は、まずは、一周からチャレンジしてみてください。

一周出来るだけでも、すごいことですからね。慣れてきたら、一周半やっていきましょう。

まだ、二周には、いかないほうがいいです。一周半ができたら、二周にチャレンジしてみてください。

あわよくば、三周にいきましょう。

僕の最高記録は、三周です。

冬場、滑りやすい靴だったら、もっといけるかもしれませんが、滑り止めが効いちゃうんで、三周が限界です。

パフォーマンスで三周回れたら、見ていてすごく迫力があります。そこまでいけるように、練習を重ねてみてください。

まとめ

ターンは、すばやく回ろうとか、二周回ろうとか、あまり欲張りすぎないほうが良いです。

まずは、一周きれいに回る練習をひたすらしていきましょう。目線を意識して、姿勢を意識して、足の重心を意識して、止めることを意識してと、一つずつのポイントを確認してください。

一つのターンをきれいに回れるようになったら、回転数を増やしたり、他のターンを練習したりして、バリエーションを増やしていきましょう。

パフォーマンスの間でターンをきれいに回れるようになったら、あなたも立派なダンサーです。頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。