ダンスの基礎④!ターンのやり方を徹底解説!

こんな方におすすめ

  • ダンスのターンのやり方を知りたい。
  • ダンス初心者なのでターンが上手に回れるようになりたい

 
ターンって、見ているだけで優雅な気持ちになれますよね。

ですが、回っている方は、結構いろんな意識を持ちながら、回っています。

目線を前に向けて、軸を真っ直ぐにして、お腹に力を入れて、腰のツイストも入れて、回ったあとはしっかり止まってと、ポイントをしっかり押さえながら練習していきましょう。

ターンのやり方を動画で解説

白い帽子がいい感じにかっこいいYusukeさんの動画を見ていきます。

とてもわかりやすく解説してくださっています。

Yusukeさんが、動画内で説明して下さっている言葉をできる限り理解しやすいように、記事にまとめてみました。

「動画を見る→記事で動画の内容を文章で確認する」の作業に使えるようにしています。

「ターンの動画を見るのが好きだけど、動画の内容をまとめたものがあったら便利なのにな」という、僕自身の思いから、記事にまとめさせてもらいました。

Yusukeさんの言葉を、動画を見てしっかり胸に刻み込んで練習してみて下さい。

クロスターンでターンのコツを掴む

こんな方におすすめ

  • ダンス初心者の方
  • ターンが苦手な方

初心者でも練習しやすい、クロスターンのやり方を見ていきます。

クロスターンは、動きが単純なので、ダンスの基礎トレーニングにもおすすめです。

今回は、Yusukeさんが、右足を前に引っ掛けるバージョンでやってくださっています。

左効きの人は、左足でやってみてください。

慣れたら、両方の足で練習していきましょう。

クロスターン

右足を前に引っ掛けます。

そのときに、両手を肩のラインでサイドに伸ばします。

腕のシルエットが、下がってしまわないように意識してください。

手が下がってしまうと回りづらいので、しっかり手のシルエットを意識して、サイドに伸ばしましょう。

この状態から、くるっと反時計回りにまわって、正面で止まります。

ダンス初心者の方は、ぐらつくと思います。

ぐらつかないようになるまで、繰り返し練習していきましょう。

補足

上手くターンが出来る人は、ターンが終わったあと、すっと立っているような状態に近くなります。

左足が、ちょっと前に出た状態で終わっているイメージです。

ですが、ターンが出来ていない人は、足が絡まってクロスしてしまうことが多いです。

足がクロスする原因は、ほとんどの場合重心です。

きれいにターンするためには、重心を中心に集めるイメージで回ります。

重心が真っ直ぐの状態で、身体を均等に保ちながらかいてんします。

ですが、上手くターンが回れない人は、重心が前にかかっています。

ターンが上手な人は、ターンしたあとに、気をつけに近い状態になっています。

右足を前にかけてターンすると、ターンしたあとに、左足が前の方に来ているのは、自然なので問題ないです。

Yusukeさんによると、足の裏全体に、重心を均等にかけていれば、きれいに回れるそうです。

つま先に重心をかけると、重心が前のめりになって、上手く回れません。

ターンのコツ

ターンするときは、足の裏全体に重心をかけます。

全体的にバランスよく体重をかけるイメージです。

その状態をキープしながら、回ります。

ターンの遠心力で身体が振られて持っていかれないように、足の裏の重心と同時に、お腹の筋肉も意識します。

長時間持つくらいの力の入れ具合で、お腹を固めます。

Yusukeさんによると、重心を両足全体にしっかりかけることと、お腹の力を入れて、体幹をしっかりまっすぐ保つことを意識すれば、上手くターンが出来るようになるそうです。

キックターンでターンを振り付けにつなげていく

実践で使えるキックターンのやり方を見ていきます。

キックターンは、ヒップホップや、ロックダンスなど、いろいろなジャンルで使われています。

動きながらのターンですので、実践向きです。

  • クロスターンは、止まった状態からのターン
  • キックターンは、動いている状態からのターン

キックターンは、動いてる中でターンするので勢いがつきます。

2周以上回る場合にもおすすめです。

まずは、右足のバージョンを見ていきます。

キックターン

右足でキックして、右足、左足で足踏みをします。

動きのイメージは、キックトントンです。

慣れてきたら、キックするときに、軸足となる左足を後ろに引きます

右足をキックして、右足を床でトンしたら、次のトンで左足を右足の横に引っ掛けます。

下を見ながらでもいいので、サイドに足を持ってくる練習をしてください。

補足

ロックダンスのスキーターラビットの動きを、その場でやるイメージです。

ヒップホップでいう、ポップコーンの足のイメージです。

Yusukeさんによると、2週くらい回るんだったら、勢いをつけるために、前の方に足を押し込んだほうがいいそうです。

腰のツイスト

回るときに、軽く腰をツイストさせます。

時計回りに身体を捻じってみて下さい→戻る力が働くので、自然に筋肉が元に戻ろうとします。

ですので、回る方とは逆側に腰のツイストを入れると、力強く回れます。

Yusukeさんによると、1周だったら、腰のツイストを入れなくても良いんですけど、一周半とか、二周くらい回りたければ、腰のツイストが必要になってくるそうです。

キックトントンの最後のトンのときに、回る方とは逆側に、身体をねじっていきます。

下半身は、回る方向に行き始めているんですが、上半身をグッと前に留めて粘るイメージです→ターンのときの最初に勢いが生まれます。

下半身の力を、上半身に上手く伝えるためにも、腰の役割はすごく大きいです。

注意

キックトントンのトンで足を付いてターンするのは、タイミング的に遅いです。

最後のトンのときは、足がついたらすでに回っている意識をもって練習してください。

足を巻き込むと同時にターンするイメージです。

Yusukeさんによると、イチ・ニノ・サンのサンで、ちゃんと回るタイミングで練習するといいそうです。

ダンス初心者の方は、まずは、一周からチャレンジしていきましょう。

Yusukeさんの最高記録は、三周だそうです→ダンスを踊りながら三周回れたら、かっこいいですよね。

まとめ

ターンは、すばやく回ろうとか、二周回ろうとか、あまり欲張りすぎないほうが良いです。

まずは、一周きれいに回る練習をひたすらしていきましょう。

目線を意識して、姿勢を意識して、足の重心を意識して、止めることを意識してと、一つずつのポイントを確認してください。

一つのターンをきれいに回れるようになったら、回転数を増やしたり、他のターンを練習したりして、バリエーションを増やしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。