ダンスの基礎⑤!アップとダウンのやり方を徹底解説!

ダンスの基礎⑤!アップとダウンのやり方を徹底解説!
アップとダウンは、ダンスのリズムをとるときの、基本中の基本の動きです。ステップなどのすべての動きに、必要になってきます。歩くだけでも、ただ歩くよりも、アップやダウンを入れることで、動きに抑揚がでて、ダンスっぽくなります。ひじとひざの連動だったり、腕のシルエットを意識して、かっこいいアップとダウンをマスターしていきましょう。

ダンス初心者向けに書いた記事を見て、初心者にとっての大事なポイントを押さえておきましょう。

初心者向けダウンのやり方

www.youtube.com

ヒップホップのダウンを学んでいきましょう。

ダウンのとり方は、まっすぐな状態でリズムをとるのが基本のやり方です。少し斜め気味にリズムをとったり、猫背っぽくリズムをとるスタイルもあります。猫背っぽくすると、ちょっとロッキンっぽくなりますね。

腕のシルエットを使わないで、腕を垂らしたままリズムをとったり、十人十色の味が出てきます。自分にあった、形を見つけてください。

僕の場合は、腕のシルエットが、いつも身体のサイドのラインを、こぶしが通るようにしています。ひじが、肩と同じ高さくらいに上がるように意識しています。

ひざとひじなんですが、とくにひじを意識してください。ひじが上がるタイミングと、ひざの曲がるタイミングを上手く連動させる練習をしてください。

ひざを曲げたあとに、ひざを伸ばすための戻す作業が必要になります。曲げる動きよりも、すごく力がいる動きです。ひざを伸ばすとき、自然と床をプッシュしています。ひざのバネと、ひじが、空中にある何かをグッとプッシュしてひじをおとす動きを、連動させてください。

ひざとひじのタイミングがバッチリ合うまで、心地いいタイミングがつかめるまで、ひたすら練習してください。

腕のシルエットは、左右の腕の距離を、30センチから、40センチくらいの感覚を意識して、やってみてください。狭すぎでも、広すぎでもなく、ちょうどいいくらいを見極めて練習していきましょう。

身体をひねって、手と手で身体を挟むような感じになっても、腕のシルエットの距離感を意識して練習してください。ひじを張る意識も忘れずに、練習していきましょう。

ダウンのときの腕のシルエット

www.youtube.com

佐藤樹さんの動画を参考にして、ダウンのときの腕のシルエットを学んでいきましょう。

先程もお伝えしたように、腕は、身体のサイドのラインを拳が通るように、意識してください。手は、軽く拳を握っておきます。ひじが、肩のラインの近くまで上がるように意識しましょう。

ひじとひざの動きのタイミングを連動させることを、しっかり意識してください。ひざのバネとひじが空中のなにかにあたってバウンスする動きが、同じタイミングになるようにひたすら練習してみてください。

動画では、様々なパターンでダウンのリズム練習をしています。ダウンの基本的な動きは、先ほど紹介した動画で確認してもらっていますので、今回の動画では、特に、腕のシルエットに注目して、練習してみてください。

腕のシルエットに注目しているだけでも、イントラさんが一番可動域を広くめいいっぱい使って、腕を動かしているのがわかるかと思います。動きを大きくすればするほど、ダンスを踊ったときのシルエットが、かっこよくなります。

おすすめの関連記事

リズムトレーニングについて書いた記事を見て実践して、リズム感を養いましょう。

ダンスの基礎技について書いた記事もありますので、マスターして周りに差をつけちゃいましょう。

ダンサーの必需品について書いた記事も見て、役立つアイテムを揃えておきましょう。

まとめ

アップとダウンでは、それぞれに見ている人に与えるイメージが違ってきます。アップだと、軽やかな印象を与えます。ダウンだと、重々しい印象を与えます。まずは、それぞれの基本的な動きを、マスターしてください。

動きに慣れてきたら、曲のイメージに合わせて、アップとダウンを使い分けて練習してみてください。

足や身体の使い方に慣れてきたら、腕のシルエットも意識して練習していきましょう。手と手の距離感だったり、肘と膝の連動だったり、細かい動きの意識をしっかり持って練習してください。

腕のシルエットが、きれいになると、ダンスの動作をスローモーションで止めたときにも、かっこよく見えるようになります。頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。