机に座ってる姿勢が、そのままダンスのシルエットになります【学生のためのフィジカルケア】

机に座ってる姿勢が大事とは

ダンスと普段の授業中座ってる姿勢って、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスやってる学生は、机に座ってる姿勢を意識すると良いです

ダンス上達のために練習を頑張ってるのに、授業中猫背でだらしなく座っている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、普段授業中に座っている姿勢が、そのままダンスの動きのシルエットになってしまうからです

もっと突っ込んだ話をすると、普段猫背でだらしなく座っているのに、ダンスのときだけ急にシルエットがきれいになったりはしませんよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、胸を軽く張って座ると良いです

ただし、ずっと胸を張ってるとそれはそれで疲れるので、合間に少しだけでもいいので、胸を張って座る習慣をつけてみて下さい。

一つの授業の間に、30秒でも胸を張って座れたら、一日で合計3分くらいは、胸を張って座る習慣がつく計算になります

何が言いたいかと言うと、ほんの少しでもいいので胸を張って座る習慣ができてくると、ダンスのシルエットも少しずつ良くなっていきますよって話です。

まとめると、普段机に座ってる姿勢が、そのままダンスのシルエットになるので、ほんの少しの時間だけでも良いので、胸を張って座る習慣を身につけることが大事だよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です