ダンスでは、どんなことでも挑戦する姿勢が大事です

ダンスでは、どんなことでも挑戦する姿勢が大事とは

ダンスと挑戦することって、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスでは、どんなことでも挑戦する姿勢が大事です

「自分は男だから、女だから、恥ずかしいから、こういう動きはやりたくない」って態度でダンスを踊っている人は、考え方を改めた方が良いです

なぜかと言うと、挑戦しない人は、ダンスが上達しないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、どんな身体の使い方でも、誰かに教わったりそれを実践できるチャンスがあるのに、理由をつけて言い訳を言うだけで実践しない人は、今以上にダンスが上達しないよって話です。

じゃあどうしたらいいかと言うと、先生や先輩に教わったことは、すぐにチャレンジしてみたら良いです

例えば、キャットウォークをやってみて下さい

ここで言うキャットウォークは、実際に四つん這いになってネコのように動く動作のことを言います。

肩の位置がぶれてしまう人は、体幹が安定していない証拠です。

肩の位置を動かさずに、肩甲骨を後ろに寄せるようにして、腕を動かしていきましょう。

腕の動きが雑な人は、脇を擦るようにして、肩甲骨を後ろに寄せつつ腕を後ろに引いて、前に出していきましょう。

手の動きが雑な人は、手のひら全体でべたっと床に着けるのではなく、手首から床に着けるようにすると良いです。

腕と足が同時に動いてしまう人は、腕が進んだら、反対側の足を進めていき、腕と足を別々のタイミングで動かすようにしましょう。

なぜキャットウォークの話をしたかと言うと、キャットウォークの動きを教わっても、男性は「男だから」、女子でも「恥ずかしいから」と言って、せっかく教わってもチャレンジしないと、今以上にダンスが上達しないからです

何が言いたいかというと、どんな動きでも教わったら、すぐに自分で挑戦してみる姿勢が大事だよって話です。

まとめると、どんなことでも挑戦してみて、「自分に合ってるかも」と思えば、自分の動きに取り入れたらいいし「なんか違うかも」と思っても、身体の使い方として勉強になったなと感謝しておけば良いですよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です