先生や先輩に教わったことは、すぐ実践する【ダンス上達の心構え】

先生や先輩に教わったことは、すぐ実践するとは

ダンスで先生や先輩に教わったことって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスで先生や先輩に教わったことは、すぐ実践すると良いです

先生や先輩に教わったことをやらずに、自分のやりたいように適当にダンスの練習をしている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、自分のやりたいことだけをやっても、いつまで経ってもダンスが上達しないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、自分のやりたいことだけを適当にやるよりも、教わったことだけを地道に続けたほうが、確実にダンスは上達するよって話です

はっきり言うと、先生や先輩が教えてくれることは、彼らの経験に基づいた、ダンスの基礎となる大事なエッセンスが詰まってるんだよって考えると良いです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、先生や先輩に教わったことは、すぐに実践してみると良いです

例えば、「胸を張ってキレイに歩くことが大事だよ」と教わったら、すぐに胸を張って歩いてみましょう。

気を抜くと首が前に出て、猫背になってしまう人は、身体が固くなっている証拠です。

身体を柔らかくするストレッチをして、ジョジョに身体を柔らかくしていきましょう。

なぜ歩き方の話をしたかと言うと、歩く姿勢はすべてのダンスの基礎となる動きだからです

さらに言うと、「胸を張って歩くと良いよ」と言われても、その場では話を聞いても、結局何もしない人は、いつまで経ってもダンスが上達しないですよって話です。

まとめると、先生や先輩にどんなすばらしい話を聞いても、自分で実際にすぐ実践しないと、自分のものにならず、何の意味もないですよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です