ヌルっとしたステップタッチのやり方(R&B)【足を使ったダンスの基礎】

ヌルっとしたステップタッチのやり方とは

ダンスでヌルっとしたステップタッチって、どうやったら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ヌルっとしたステップタッチのやり方についてお話しします

ダンスの振り付けを覚えるとき、まず最初に足の動きを覚えることが、大事になってきます。

ということで、足の動きの基礎であるステップタッチのやり方についてお話ししていきますね。

補足

ダンスの身体の使い方を覚える順番としては、体軸をまっすぐにする身体の使い方、立ち姿、歩き方、アイソレーション、柔軟ストレッチが大事です。

足の動きは、これらの基礎動作をきちんとできるようになってからやれば良いです。

何が言いたいかというと、足の動きから振り付けにいきなり入ってしまう人は、基礎動作ができていないままダンスを踊っていき、自分は踊れてるって勘違いしたままダンスを続けているので、いつまで経ってもダンスが上達しないですよってことを覚えておいてください。

ということで、まずは簡単にステップタッチの動きをやっていきましょう。

右足で右に移動して、左足で追いかけます。

左足で左に移動して、右足で追いかけます。

動作的には、やることは簡単です。

ただ、この動きをそのままやると、かかとでどたどたと床を踏み鳴らすだけになり、1・2・3・4と機械人形がカクカク動いているような動きになります。

じゃあどうしたら良いかというと、流れるように動いてみて下さい。

補足

ここから先は、前回のステップタッチとは別のスタイルのステップタッチに入っていきます。

基礎的なステップタッチができていない人は、まずは前回の流れるように動くステップタッチをマスターしておきましょう。

その場から動かずにやっていくステップタッチですので、その場ステップタッチと呼ばせて頂いてます。

重心を右に移動させてリズムを取ります。

そのまま、重心を左に移動させてリズムを取ります。

まずは、重心の移動を覚えていきましょう。

重心の移動を覚えたら、腰を入れていきます。

重心を右に移動させるときに、腰で床をえぐるようにして、腰から行って、重心を移動させて、最後に反対側の左足のかかとでリズムを取ります。

左もやることは同じです。

腰のえぐる動きを覚えたら、腕の動きを入れていきます。

重心と腰の動きに連動させて、脇を開いていき、反対側の足でリズムをとるときに、右の脇を閉じて指パッチンをやります。

腕の位置が、下がりすぎないように、お腹よりも上くらいの高さを意識してみると良いです。

そのまま指パッチンをやると、脇を閉じているので、前に向かって指パッチンをやっている形になります。

前に向かってやっても良いですが、もっと言うと、肘を閉じるときに、腕を外側に開いて、指パッチンを外に向けてやるとシルエットがキレイになりますよってことを覚えておいてください。

補足

ヌルっとしたステップタッチの動作のイメージのお話をします。

具体的に言うと、動作をするときに、円を描くような、動きが止まらずにずっとゆっくりと動き続けているような意識でやると良いです。

補足

足の動き全てに共通する大事なお話をします。

ヌルっとしたステップタッチで身体が左右にぶれてしまう人は、体幹が弱い証拠です。

胸を張ってスーッとした姿勢を維持したまま、体幹がぶれないように意識して動くと良いです。

そして、体幹がぶれないようになってから、姿勢を崩したバリエーションの動きなどを練習すると良いかと思います。

何が言いたいかというと、体幹が安定してないのに、いきなり姿勢を崩した複雑な動きをしても、基礎をすっ飛ばしているので、ダンスがいつまで経っても上達しないですよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です