ダンスに出てくる基礎ステップや動きをまとめて解説!!

こんな方におすすめ

  • ダンスの基礎ステップを知りたい。
  • ダンスでよく使われる動きをできるようになりたい。
  • ダンスのステップをしっかり覚えたい。

 
こんにちは。くまさんです。

僕は、週4日場所を借りてダンスの練習をしています。

男性k-popダンス、女性k-popダンス、ジャズダンス、ガールズダンスなどの研究をしてまして、徐々に「ダンスで使われる基礎ステップ」がわかってきました。

ということで、ダンスに出てくる基礎的なステップや動きについてお話していきます。

ダンスに出てくる基礎ステップを動画で解説

僕は、youtubeに「ダンスに出てくる基礎ステップ」の動画を投稿してます。

動画を見つつ、記事を読んでみてください。

サイドステップ

サイドステップは、名前の通りサイドにステップを踏む動きです

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ガールズ、ジャズダンス、エクササイズ系のダンスなど、オールジャンルで使われる動きです。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がやっている腰を入れて「ヌルっと」動くサイドステップについてお伝えしていきますね。

腰を入れてヌルっと動くサイドステップのやり方

その場に立ちます。

左足で左にステップを踏んで、右足で左足を追いかけます。

同じように右足で右にステップを踏んで、左足で右足を追いかけます。

一連の動きをくりかえしていきます。

このままだと、ただ歩いているだけでかっこよくないですよね。

ということで、足の動きに腰のヌルッとした動作を足していきます。

左に腰を入れてから、左足で左にサイドステップを踏みます

そして、右に腰を入れてから、右足で右にサイドステップを踏みます

腰を入れるだけでヌルっとした感じのかっこいいサイドステップになるはず

注意

腰回りの固いダンス初心者の方は、腰がほとんど動かないパターンが多いです。

ですので、小さい範囲でいいので、腰を入れてサイドステップを踏んでみてください。

サイドステップ万能説

音楽がなって自然とリズムに乗るときに「サイドステップ」を踏む習慣を身に着けてみてください

ヌルっと腰を入れてサイドステップを踏むだけで、こなれた感じを出せるようになります。

サイドステップは、あらゆるジャンルに使える万能な動きです

どんな音がなっても、ヌルっとサイドステップを踏めたらかっこいいですので、ぜひマスターしてみてください。

2ステップ

2ステップは、名前の通りダブルのリズムでサイドに2ステップを踏む動きです

すごくシンプルな動きですので、身体の使い方を変えるだけで印象がガラッと変わってきます

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ジャズダンス、ガールズダンス、エアロビクスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がガールズダンスで使っているVステップについてお伝えしていきますね

2ステップのやり方

その場にスッと立ちます。

右足から2ステップを踏んでいきましょう。

右足で移動する方向に軽く2回ステップを踏みます。

ステップを踏むときに、腰から入れるようにします

2回目のステップで腰を入れつつ、重心を右足に乗せます

最後に左足をスーッと右足に寄せましょう。

続けて、左足から2ステップを踏んでいきましょう。

左足で移動する方向に軽く2回ステップを踏みます。

ステップを踏むときに、腰から入れるようにします

2回目のステップで腰を入れつつ、重心を左足に乗せます

最後に右足をスーッと左足に寄せましょう。

Vステップ

Vステップは、名前の通り足をV字に開いてステップを踏む動きです

すごくシンプルな動きですので、魅せ方を変えるだけで印象がガラッと変わってきます

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ジャズダンス、ガールズダンス、エアロビクスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がガールズダンスで使っているVステップについてお伝えしていきますね

Vステップのやり方

その場にスッと立ちます。

右足からVステップを入れていきましょう。

右足を肩幅よりも広めに開きつつ足を前に踏み込んでいきます。

右足を踏み込むときに、腰から先に入れていきます

次に、左足を肩幅よりも広めに開きつつ足を前に踏み込んでいきます。

左足を踏み込むときに、腰から先に入れていきます

最後に、右足を戻して左足を戻します。

右足を戻すときに、腰を右後ろに入れます

左足を戻すときに、腰を左後ろに入れます

グレイプバイン

グレイプバイン(Grapevine)は、「ぶどうのツルが絡まるような動き」から名前の由来が来ているようです

4歩歩くうちの2歩目に足を絡めますので、2歩目の動きが「ぶどうのツルが絡まる」という風に表現されているんですね

ジャンルで言うと、ジャズダンス、ヒップホップ、ガールズダンス、エアロビクスなどあらゆるジャンルで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がジャズダンスで使っているグレイプバインについてお伝えしていきますね

グレイプバインのやり方

その場にスッと立ちます。

まずは、右にグレイプバインステップを踏んでいきましょう。

正面を向いたまま、右足・左足・右足・左足の順番で右サイドに移動していきます

2歩目の左足のときに、左足を右足の後ろにクロスして絡ませていきます

2歩目の足を絡ませるときに、ダウンのリズムを入れましょう

4歩歩いたら、その場で左足を使って左サイドに2回ステップを入れます。

そのまま、今度は左にグレイプバインステップを踏んでいきましょう。

正面を向いたまま、左足・右足・左足・右足の順番で左サイドに移動していきます。

2歩目の右足のときに、右足を左足の後ろにクロスして絡ませていきます。

2歩目の足を絡ませるときに、ダウンのリズムを入れましょう。

4歩歩いたら、その場で右足を使って右サイドに2回ステップを入れます。

一連の動きをくりかえしていきましょう。

注意

ジャズダンスのグレイプバインでは、身体の体幹をぶらさずに、肩のラインが正面に対してキレイに平行になるようにしてステップを踏んでいきましょう。

ダンス初心者の方は、片方の肩が前に出やすいパターンが多いです。

自分の身体のラインをぶらさないように意識して、グレイプバインステップを踏めるように練習していきましょう。

ボックスステップ

ボックスステップは、四角の範囲内(ボックス内)をくりかえし往復する動きのことです

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ガールズ、エアロビクスなど、いろんなジャンルで使われる動きですね。

ということで、ボックスステップのやり方についてお伝えしていきます。

ボックスステップ

リラックスしてその場に立ちます。

まずは、左側にボックスステップを踏んでいきましょう。

スタートで、右足をクロスします。

左足でバックして、右足でバックします。

最後に左足をクロスします。

一連の動きをくりかえしていきます。

右側も同じようにボックスステップを踏んでいきましょう。

スタートで、左足をクロスします。

右足でバックして、左足でバックします。

最後に右足をクロスします。

一連の動きをくりかえしていきます。

足の動きを覚えたら、動きにヌルっと感を出すために腰を入れていきましょう

バックするときに、バックする方向に腰を入れます。

左足でバックするときに腰を左に入れて、右足でバックするときに腰を右に入れます。

腰の動きが入るだけで、全体のシルエットを見たときに、リズムに乗っている感じが出せるようになります。

腰を入れると、ガールズっぽさが出せるので、女子感を出してボックスステップを踊りたい方はぜひ取り入れてみてください

もちろん、男性がリズムに乗って踊っている感じを出すためにも、腰を入れるのはありです。

パドブレ

パドブレ(pas de bourrée)は、「ステップ・舞踊」というフランス語から名前の由来が来ているようです

リズムがちょっとだけ複雑で、擬音で表現すると「タンタタ・タンタタ」のリズムです

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ジャズダンス、バレエ、ハウスダンスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がジャズダンスで使っているパドブレについてお伝えしていきますね。

フロントパドブレのやり方

その場にスッと立ちます。

まずは、右にパドブレを踏んでいきます。

右足から右サイドに踏み込みます。

踏み込んだ右足の後ろに左足を持ってきます。

左足の右サイドに右足を持っていきます。

身体の体幹が正面に対して真っ直ぐなるように、意識してステップを踏んでいきましょう

リズムは、タンタタ・タンタタですw

最初の踏み込みが通常のリズムで、その後のステップがちょっと早くなるイメージですね

クロスオープンステップ

クロスオープンステップは、名前の通り足をクロスさせてオープンさせてステップを踏む動きです

クロスオープンステップは、僕が勝手にネーミングしたもので正式名称ではありませんw

リズムがちょっとだけ複雑で、擬音で表現すると「タンタンタタタ・タンタンタタタ」のリズムです

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ジャズダンス、などで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がジャズダンスで使っているパドブレについてお伝えしていきますね。

クロスオープンステップのやり方

その場にスッと立ちます。

まずは、右足からクロスオープンステップを踏んでいきましょう。

足は左サイドに向けるんですが、体幹は正面に対して真っ直ぐなるように動いていきます

右足を左側のフロントにクロスします。

クロスするときに、体幹を軸として足と頭までのラインが一直線になるように上体を後ろに少し倒してみてください

次に、右足を右サイドにオープンします。

右足をオープンするときに、体幹を軸として足と頭までのラインが一直線になるように上体を前に少し倒してみてください

最後に、右足、左足、右足でその場でリズムをとります。

今度は、左足からクロスオープンステップを踏んでいきましょう。

足は右サイドに向けるんですが、体幹は正面に対して真っ直ぐなるように動いていきます

左足を右側のフロントにクロスします。

クロスするときに、体幹を軸として足と頭までのラインが一直線になるように上体を後ろに少し倒してみてください

次に、左足を左サイドにオープンします。

左足をオープンするときに、体幹を軸として足と頭までのラインが一直線になるように上体を前に少し倒してみてください

最後に、左足、右足、左足でその場でリズムをとります。

注意

体幹の筋肉が弱い方は、身体を前後に倒す動きができないかもしれません。

身体を前後に倒しつつかっこよくステップを踏めるようになりたい人は、体幹の筋トレをするようにしましょう。

ダンスでよく使われる動きを動画で解説

ここからは、ヒップホップやガールズ、ジャズダンスなど幅広いジャンルでよく使われている動きについてお伝えしていきます。

動画を見つつ、記事に目を通してみてください。

キッズが必ずやってる!アップのクロスパンチ

ヒップホップを踊っているキッズが、必ずやっている動きがあります

それは、アップのクロスパンチです。

アップのクロスパンチは正式名称ではなく、僕が勝手に命名しているだけです

あなたも一度は、見たことあるはず。

ということで、キッズが必ずやってるアップのクロスパンチについてお伝えしていきますね。

アップのクロスパンチのやり方

その場に立ちます。

まずは、アップのリズムをとっていきましょう。

アップのリズムに、腕の動きを足していきます。

最初のアップで、両手のコブシを軽く握った状態で、両腕を大きくサイドに開きます。

次のアップで、左手をクロスして右サイドに伸ばします。

反対側も同じようにやっていきましょう。

最初のアップで、両手のコブシを軽く握った状態で、両腕を大きくサイドに開きます。

次のアップで、右手をクロスして左サイドに伸ばします。

これだけだと、手を伸ばしているだけなので、動きのメリハリを出すために頭の動きと目線を足していきます

左手をクロスして右サイドに伸ばすときに、頭も右に突っ込んでいき、目線も右に持っていきます。

同様に、右手をクロスして左サイドに伸ばすときに、頭も左に突っ込んでいき、目線も左に持っていきます。

頭と目線の動きを足すことで、躍動感が出てくるはず

Cジャンプ

黒人女性ダンサーが、必ずと行っていいほどやっている動きがあります

それが、Cジャンプです。

Cジャンプも、正式名称ではなく僕が勝手に命名しただけです

腕のラインでCを描くので、Cジャンプです

ということで、Cジャンプについてお伝えしていきますね。

Cジャンプのやり方

まずは足からやっていきます。

左に腰を入れつつ、ジャンプします。

着地したら、もう一度左に腰を入れます。

一連の動きをくりかえしていきましょう。

足ができたら、腕の動きを足していきます。

1回腰を入れつつジャンプして着地したときに、右腕を頭の前に持ってきます。

2回目の腰を入れるときに、右腕を外に広げてCのラインを描きながら右腕を腰の前に持ってきます

お客さん側からみたときのラインが、Cになるように腕を振っていきましょう

さらに言えば、目線をジャンプする方向に持っていくと、もっとかっこよくなるはず

ニー・ボートドロップ

ニー・ボートドロップは、名前の通り膝と腕でボートを漕ぐようにして床にドロップダウンしていく動きです

ニー・ボートドロップは、正式名称ではなく、僕が勝手にネーミングしただけですw

ジャンルで言うと、ヒップホップ、ガールズのダンスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がガールズで使っているニー・ボートドロップについてお伝えしていきますね。

ニー・ボートドロップのやり方

足を肩幅よりも狭めにして立ちます。

まずは、足の動きだけをやります。

膝を前に出して戻す動きを、2回繰り返します。

そして、2倍のリズムで膝を4回出して戻します。

この動きに、腕の動きを足していきます。

両腕で、ボートを漕ぐように腕を前に出して、腕を後ろに出します。

両腕の動きは、膝と反対側に動かすようにしてください

膝をゆっくり2回前に出すときも、膝を2倍の速さで前に出すときも、腕の速度は変えないようにしましょう

腕と膝のリズムをずらすことで、かっこいい動きになるはず

膝と腕の動きが出来たら、ドロップダウンの動きを足していきましょう。

膝を前に出しつつ、徐々に膝を曲げて床にドロップしていきます

フロアー技へのつなぎは「ニーボートドロップ」がおすすめ

ガールズのドルフィンや、ヒップホップで簡単なフロアー技をやるときのつなぎに、ニーボートドロップを使ってみてください

シンプルな動きですが、フロアー技へのつなぎとしては、シンプルでかっこよく、どんな動きにも合わせやすいはず。

キー・オープンウォーク

キー・オープンウォークは、名前の通り、鍵でドアを開けるようにして歩いていく動きです

キー・オープンウォークは、正式名称ではなく、僕が勝手にネーミングしただけですw

ジャンルで言うと、ジャズダンス、ヒップホップ、ガールズダンスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がジャズダンスやガールズダンスで使っているキー・オープンウォークについてお伝えしていきますね。

キー・オープンウォーク

まずは、左に歩いていきます。

左を向いて、左足を進行方向に出します。

身体を正面に向けてひねります

自分でかっこよく見える角度を探してみてください

左足・右足の順番で交互に歩いていきます。

足だけだと簡単すぎるので、足の動きに腕の動きを足していきましょう。

身体をひねった状態で右手を肩のラインからスーッと伸ばして、少し肘を曲げます。

鍵を回すときのような指先の形を作りましょう

反時計回りに、鍵を開けるようにして右手でハンドウェーブを入れます。

反時計回りにハンドウェーブを流しつつ、ボディーウェーブを入れて、左足で左に進みます

右足は左足についていくように、軽く動かします。

8歩くらい歩いてみてください。

反対側の右方向へも、同じようにします。

右を向いて、右足を進行方向に向けて出した状態で立ちます。

身体を正面に向けてひねった状態で、左手を肩のラインからスーッと伸ばして、少し肘を曲げます。

時計回りにハンドウェーブを流しつつ、ボディーウェーブを入れて、右足で右に進みます

左足は右足についていくように、軽く動かします。

同じように、8歩くらい歩いてみてください。

ゆるいリズムに乗って歩くときは「キー・オープンウォーク」がおすすめ

ゆっくりめのテンポの曲に合わせて歩くときに、「キー・オープンウォーク」を使ってみてください

ヌルっとした動きで、ウェーブを入れながら歩くだけで、洗練されたかっこいい動きになるはず。

腕と角度を使って!サイドボディーウェーブ

腕を使ったサイドボディーウェーブは、名前の通り、腕を使ってサイドのボディーウェーブを入れる動きです

ジャンルで言うと、ジャズダンス、ヒップホップ、ガールズダンスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がジャズダンスやガールズダンスで使っている腕を使ったサイドボディーウェーブについてお伝えしていきますね。

腕を使ったサイドボディーウェーブのやり方

足を肩幅くらいに開いて立ちます。

身体の角度を左に少し向けて、ボディーウェーブをやります

今度は身体の角度を少し右に向けて、ボディーウェーブをやります

最後に、身体の角度を左に少し向けて、ボディーウェーブを2回やります。

シングルシングルダブルのリズムに合わせてやっていきましょう。

この動きに、腕を足していきます。

左に向けてボディーウェーブを入れるときに、左手でシャツを着る動きをします

シャツを着る動きは、ジャズダンスの基礎動作でお伝えしていきますので、そちらにも目を通してみてください

同じように、右に向けてボディーウェーブを入れるときに、右手でシャツを着る動きをします。

シャツを着る腕の動きでは、腕を身体のラインに沿わせるようにしましょう

「角度と腕を使ったサイドウェーブ」の軽い動きでかっこよく見せよう

ウェーブ自体のアイソレーションの深さで魅せるというよりも、身体の角度や腕の使い方でかっこよく見せる動きです

見せ方次第で、かっこいい動きになっていくはず。

ですので、身体の角度や指先の意識を使って、自分なりのかっこいいサイドウェーブの形を見つけてみてください

黒人女性ダンサーがやってる「サイドルック」

サイドルックは、名前の通り、サイドを見つつ腕を動かす動作です

僕は、サイドルックのことを「神降ろし」と呼んでいます。

神降ろしは、正式名称ではなく、僕が勝手にネーミングした動きですw

リズムに乗って動いている感じが、上から神様が降りてきて取り憑かれたようにダンスを踊っている姿に見えるはず

ジャンルで言うと、ジャズダンス、ヒップホップ、ガールズダンスなどで使われています。

ジャンルごとに動き方は多少変わってきますが、今回は僕がジャズダンスやガールズダンスで使っている神降ろしについてお伝えしていきますね。

サイドルックのやり方

足を肩幅くらいに開いて立ちます。

腰を右・左と交互にサイドに入れていきます。

腰の動きに、腕を足していきます。

腰を右・左・右・左と2回ずつ入れる間に、左手を頭の上から身体のラインに沿うように降ろしていきます

右手は、お腹の前に添えておきましょう。

そして、腰を右・左・右・左と2回ずつ入れる間に、今度は右手を頭の上から身体のラインに沿うように降ろしていきます。

左手は、お腹の前に添えておきましょう。

さらに言えば、左手を頭の上から下ろすときに、目線を右に持っていきましょう

そして、右手を頭の上から下ろすときに、目線を左に持っていきましょう。

目線を入れることで、動きにセクシーさが出てかっこよくなるはず。

黒人女性ダンサーのようにかっこよく「サイドルック」をやろう

黒人女性ダンサーの踊りを見ていると、必ずと言っていいほど出てくるのが「サイドルック」の動きです

サイドルックをかっこよく見せるためには、腰のアイソレーションを地道に練習するのが最も大切。

腰がしっかり使えるようになれば、サイドルックの動きが徐々に様になってくるはず

ですので、腰のアイソレーションを練習していきましょう。

腰の使い方については、別記事でダンス初心者と経験者の違いについて書いてますので、そちらも目を通しておいてください。。

ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?徹底解説!!

おすすめの関連記事

その他のダンス記事も、さっと目を通しておいてみてください。

ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?徹底解説!!

ダンスをかっこよく見せる方法を徹底解説!!

k-popダンスをかっこよく踊るための基礎動作を徹底解説!

女性らしさを表現するための美しい仕草について徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です