常に身体が前を向いたままサイドステップで歩く

常に身体が前を向いたままサイドステップで歩くとは

サイドステップってどういうシルエットで歩いたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

常に身体が前を向いたままサイドステップで歩くとシルエットが美しくなります

手足を一生懸命大きく使ってなんとなくサイドステップで歩いているなら、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、手足を大きく動かしたりキレを出したりするのは、ただの小手先のテクニックだからです。

例えば、普通のサイドステップを踏んでみて下さい。

片方の肩が前に出てしまう人は、身体が斜めになっている証拠です。

胸を軽く張ったまま、肩の位置を変えずに動いてみましょう。

肩がグラグラ揺れている人は、体幹が弱い証拠です。

腕立て伏せやスクワットをして、体幹を鍛えたほうが良いです。

もう少し突っ込んだ話をすると、手足を大きく動かしたり、キレを出したり、肩を入れて動きを流したりするのは、ただの小手先のテクニックですので、誰でもできるようになりますよって話です

じゃあどうしたら良いかって言うと、大きく動くとかキレを出すとか、肩を入れるとかそういうことをせずに、体幹をぶらさずに、肩の位置を変えずに、胸を張ったきれいな姿勢でサイドステップを踏む練習をしてみて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です