ダンスでは、集中力が高まるとトランス状態になります

ダンスの、トランス状態とは

ダンスにおけるトランス状態って、どういう意味なの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスでは、集中力が高まるとトランス状態になります

ダンスを踊っていて自分をかっこよく見せようと頑張りすぎてしまう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、上手くやろうとしたり、力みすぎてしまうと、かえって良い身体の使い方ができないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、音楽に意識を集中して、いつもどおりの頑張りすぎない自分で踊ったほうが、集中して踊れますよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、ゆっくりとした音楽を聞いて、音楽に身を任せて身体を動かす練習をすると良いです。

例えば、緩いテンポのR&Bミュージックを聞いて身体を動かしてみて下さい

  • まっすぐ歩く
  • サイドステップで前後に進む
  • その場でリズムに乗る

など、自分が普段やっている身体の使い方で良いです。

動きがカクカクなってしまう人は、身体が固い証拠です。

身体を柔らかくするストレッチを取り入れて、徐々にからだを柔らかくしていきましょう。

もっと言うと、動きがカクカクなってしまうと、リズムに動きが合わなくなり、集中力が途切れやすいですよって話です

何が言いたいかと言うと、ゆるくリズムに乗れる人は、身体が柔らかく使えていますよって話です。

ここからが本題ですが、柔らかくリズムに乗っていると、徐々に集中力が増していき、トランス状態になります

トランス状態とは、音楽に意識が集中して、自分が音楽の一部になったように身体が動かせている状態のことを言います。

トランス状態になると、動きながら鳥肌が立つような感覚を覚えます

まとめると、身体を柔らかくしていきつつ、ゆるい音楽に身をまかせて踊っていくうちに、徐々に集中力が上がっていき、トランス状態になることができますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です