ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?徹底解説!!

こんな方におすすめ

  • ダンス初心者なので、何を練習したらいいかわからない。
  • ダンスの動きが、初心者っぽくなってしまう。
  • 経験者のダンスの動きに近づきたい。

 
こんにちは。くまさんです。

僕は、独学でダンスの練習をして、スクールに1年間通って、知り合いにダンスを教わりつつ自分で身体の使い方を研究して、という感じでダンスのことをひたすら考えてます。

そして最近では、ガールズダンス、ジャズダンス、バレエダンス、韓流ダンスの研究をしてまして、「しなやかで美しい動き」がわかってきました。

さらに、それぞれのジャンルの細かい動きを分析するうちに「ダンス初心者と経験者の違い」が分かるようになってきました。

ということで、ダンス初心者と経験者の違いについて記事にまとめてみました。

ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?動画で徹底解説!!

ダンスでは、首・胸・腰のアイソレーションが大事になってきます

ですので、アイソレーションをしっかり練習しましょう。

上の動画は、僕がアイソレーションで自己紹介をしている動画ですので参考にどうぞ。

そして僕は、youtubeにダンス初心者と経験者の違いについて動画を投稿してます。

動画を見つつ、記事を読んでみて下さい。

注意

動画は、徐々に追加していきます。

首を動かして!ダンス経験者は首のアイソレーションができる

まずは、首のアイソレーションについてお伝えしていきます。

ダンス経験者と初心者の首の使い方の違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、首を上手に使っています

じゃあ、首を上手に使えると、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、首をほとんど動かせないからです。

そこで、首の動かせないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者は首のアイソレーションを練習したらいいんです

ということで、首のアイソレーションについてお話ししていきますね。

首を前後に動かすアイソレーションのやり方

アイソレーションとは、身体の個々のパーツを独立させて動かすことです

首のアイソレーションですので、体幹を固定したまま、首だけを独立させて動かしていきます

足を肩幅くらいに開き、その場に立ちます。

正面を向いたまま、首を前に出してみて下さい。

首を戻します。

まずは、この動きを繰り返していきます。

今度は、正面を向いたまま、首を後ろに出してみて下さい。

首を戻します。

この動きも繰り返していきましょう。

前後の動きは、人間の身体の構造上できるようになっているので、できる方が多いはず。

ニワトリになって首を動かす練習方法

首を前後に動かせない方におすすめなのが、ニワトリのように首を動かす練習方法です。

「コケーっこっこっこっ!!!」と言いながら、首を前に出したり後ろに引いたりしてみて下さい

もちろん、心の中で言っても大丈夫です

じゃあ、続けて首を左右に動かしていきましょう。

首を左右に動かすアイソレーションのやり方

まずは、正面を向いたまま、首を右にずらしてみて下さい。

首を戻します。

さらに、正面を向いたまま、首を左にずらしてみて下さい。

首を戻します。

左右の首の動き、できましたか?

ダンス初心者の場合、左右に首がほとんど動かないパターンの方が多いです。

そして、ダンス経験者は、当たり前のように首を前後左右に動かしてリズムをとっているんです。

ポイントをザックリまとめると、「ダンス初心者は首をほとんど動かせないけど、ダンス経験者は首を前後左右に当たり前のように動かせる」イメージです。

ですので、自分のダンスの動きが素人っぽいなと思う方は、ぜひ首のアイソレーションを練習してみて下さい。

両ほほの近くに両手を持ってくる練習方法

首を左右に動かせない方におすすめなのが、両ほほの近くに両手を持ってくる練習方法です

両ほほのすぐそばに、両手の掌を持ってきます。

手のひらにほほを近づけるように、首を動かしてみて下さい

多少首が斜めに倒れてもいいので、ほほに手のひらがつけば大丈夫です。

この動きを、少しずつくりかえしていきます。

毎日のようにやっていけば、徐々に首が左右に動くようになってくるはず。

胸をグーっと出して!ダンス経験者は胸のアイソレーションができる

先ほど、首のアイソレーションについてお話ししてきました。

次は、胸のアイソレーションについてお伝えしていきますね。

ダンス経験者と初心者の胸の使い方の違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、胸を上手に使っています

じゃあ、胸を上手に使えると、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、胸をほとんど動かせないからです。

さらに言えば、胸が動かせると、しなやかで美しい踊りに見せることができます。

「あの人の踊りセクシーだよね」と言われる人は、全員共通して胸を上手に使って踊っているはず。

そこで、胸の動かせないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者は胸のアイソレーションを練習したらいいんです

※特に、胸はダンスのあらゆる動きと連動して使われるので、必ず練習してください

ということで、胸のアイソレーションについてお話ししてきますね。

胸を前後に出すアイソレーションのやり方

胸のアイソレーションですので、体幹を固定したまま、胸だけを独立させて動かしていきます

足を肩幅くらいに開き、その場に立ちます。

正面を向いたまま、胸を前に出してみて下さい。

胸を出していますが、意識するのは肩甲骨です。

肩甲骨が、グーっと後ろに伸びているのが感じられればOKです

胸を戻します。

まずは、この動きを繰り返していきます。

今度は、正面を向いたまま、胸を後ろに出してみて下さい。

胸を後ろに出していますが、意識するのは肩甲骨です。

肩甲骨が、グーっと前に伸びているのを感じられれば大丈夫です

胸を戻します。

この動きも繰り返していきましょう。

オードリーの「春日ポーズ」をイメージする

ダンス初心者は、前後に胸を大きく動かせないパターンの人が多いです

身体の固い方に「胸を前後に動かしてみて」というと、肩が大きく前後に動いてしまうんですよね

ですが、あくまでも、動かすのは胸です。

そこでおすすめなのが、オードリーの春日さんのポーズです。

春日さんは、胸をグッと前に出した姿勢をされてますよね。

春日さんと同じように、グッと胸を前に出す練習をしてみて下さい。

じゃあ、続けて胸を左右に動かしていきましょう。

胸を左右に出すアイソレーションのやり方

まずは、正面を向いたまま、胸を右にずらしてみて下さい。

胸を戻します。

さらに、正面を向いたまま、胸を左にずらしてみて下さい。

胸を戻します。

上半身だけで影分身を作る

ダンス初心者は、左右に胸を動かせないパターンの人が圧倒的に多いです

「胸を左右に動かして」というと、肩が斜めに上がったり下がったりしてしまうんですよね

ですが、動かしたいのは胸です。

そこでおすすめなのが、上半身だけで影分身を作る動きです。

体幹を固定して、肩の高さを変えずに、胸だけで身体を左右にスライドさせてみて下さい

鏡の向こうのあなたの残像が見えるはず。

残像の肩のラインが平行になればなるほど、美しい影分身を作れるようになります。

どうでしょうか?

ダンス初心者の方は、胸をほとんど動かせなかったと思います。

ですが、ダンス経験者は、当たり前のように胸を前後左右に動かしてリズムをとっているんです。

ポイントをざっくりまとめると「ダンス初心者は胸をほとんど動かせないし、ダンス経験者はごく当たり前のことのように胸を前後左右に動かして踊っている」イメージです。

腰を入れて!ダンス経験者は腰のアイソレーションができる

先ほど、首のアイソレーション・胸のアイソレーションについてお話ししてきました。

次は、腰のアイソレーションについてお伝えしていきますね。

ダンス経験者と初心者の腰の使い方の違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、腰を上手に使っています

じゃあ、腰を上手に使えると、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、腰をほとんど動かせないからです。

さらに言えば、腰が動かせると、しなやかで美しい踊りに見せることができます。

「あの人の踊り色っぽいよね」と言われる人は、全員共通して腰を上手に使って踊っているはず。

例えば、シンプルにステップを踏むときも、腰が入っていない初心者の踊りよりも、腰が入っている経験者の踊りのほうが、だんぜん色っぽく見えるんです。

このように、ステップをかっこよく踏むためには、腰のアイソレーションがものすごく大事になってきます

じゃあ、腰の動かせないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者は腰のアイソレーションを練習したらいいんです

ということで、腰のアイソレーションについてお話ししていきますね。

腰を前後に動かすアイソレーションのやり方

腰のアイソレーションですので、体幹を固定したまま、腰だけを独立させて動かしていきます

※鏡を見ながら練習するときは、横向きに立つと、自分の腰が前後に動いているのを確認しやすいです

腰のアイソレーションと言ってますが、主に動かすのは骨盤です

動画では、横向きに立ってわかりやすいように行っています。

足を肩幅くらいに開き、その場に立ちます。

骨盤を前にクイッと上げます

腰を動かすんですが、意識するのは骨盤です。

骨盤が、クイッと前方向に上がっているのが感じられればOKです。

※男性は、基本的に身体の構造上、この動きが得意なようにできているはずです

男性が前後の骨盤の動きが得意な理由は、大人の事情ですので、説明を割愛します

骨盤を元に戻します。

この動きを何度もくりかえしてみましょう。

今度は逆に、骨盤を後ろにクイッと上げます。

お尻をプリッと後ろに出すようにしてみてください。

動作的には、後ろに骨盤を上げるイメージです。

胸を張った姿勢が維持できるようになると「骨盤が動かしやすくなる」

※普段から猫背で骨盤が固まっている方は、骨盤をほとんど動かせないかもしれません

猫背だと、背中が丸まって胸が固くなってしまいます。

そして、腰を上手に動かせるようになるためには、胸も柔らかくしておかないと上手に動かせません

理由はシンプルでして、胸と腰の筋肉は連動しているからです

ですので、胸のアイソレーションで胸を柔らかくしつつ、腰のアイソレーションを練習するようにしてみてください。

今度は、骨盤を左右に動かしていきましょう。

腰を左右に動かすアイソレーションのやり方

骨盤を右にクイッと上げます。

真横ではなく、斜め上にお尻をプリッと上げるイメージです。

骨盤を元に戻します。

この動きをくりかえしてみましょう。

次は、骨盤を左にクイッと上げます。

真横ではなく、斜め上にお尻をプリッと上げるイメージです。

骨盤を元に戻します。

この動きをくりかえしてみましょう。

普段から「アメリカの女優ポーズ」で立つ

アメリカのかっこいい女優さんの立ち姿を想像してみてください。

アメリカの女優さんたちは、まっすぐ立つというよりも、骨盤をサイドにくいっと上げて、お尻がプリッと上がったような姿勢で立っているはず

何故かと言うと、身体のラインが強調されて、シルエットが女性らしく美しくなるからです。

ですので、腰のアイソレーションを練習するのと並行して、アメリカの女優さんのように、骨盤をサイドに上げた状態を意識して立ち姿も変えてみてください。

日常生活で、骨盤をサイドに上げる癖をつけておくことで、徐々に骨盤が動くようになってくるでしょう。

ステップは腰から!ダンス経験者は腰を入れてリズムに乗っている

先ほど、首のアイソレーション・胸のアイソレーション・腰のアイソレーションについてお話ししてきました。

アイソレーションができるようになると、ダンスの動きで応用が効くようになります。

アイソレーションの動きの応用の1つが、腰を入れてリズムに乗ることです

ということで、腰を入れたリズムの乗り方についてお伝えしていきますね。

ダンス経験者と初心者のリズムの乗り方の違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、腰を入れてリズムに乗っています

じゃあ、腰を入れるとリズムに乗ると、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、腰を入れてりズムに乗ることができないからです。

さらに言えば、腰を入れてリズムに乗れると、ヌルっとした動きを表現できるようになります

「あの人の動き、リズムに乗ってるよね」と言われる人は、間違いなく腰を入れてヌルっとリズムに乗っているはず。

例えば、シンプルにサイドステップを踏むときも、腰が入っていない棒立ちの初心者のステップよりも、腰が入っている経験者のステップのほうが、だんぜんリズムに乗って見えるんです。

このように、ヌルっとリズムに乗ってステップを踏むためには、腰を入れてリズムに乗ることがとても大事になってきます

じゃあ、腰を入れてリズムに乗れないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者は腰を入れつつステップをする練習をしたらいいんです

ということで、腰を入れてリズムに乗る方法についてお話ししていきますね。

腰を入れてリズムに乗るやり方

腰を入れてリズムに乗っていきますので、腰のアイソレーションができるようになるまでしっかり練習しておいてください

※形になってくるまでは、鏡を見ながら動きを確認しつつ練習しましょう

まずは、簡単にサイドステップを踏んでみて下さい。

そして、サイドステップの動きに、腰を入れていきます。

右にサイドステップを入れる前に、腰から右に動いていきます。

腰が先に右に出て、その後に足を右に持っていきます

腰と足で半円を描くようなイメージでやってみましょう

反対側も、同じようにやっていきます。

左にサイドステップを入れる前に、腰から左に動いていきます。

腰が先に左に出て、その後に足を左に持っていきます。

腰と足で半円を描くようなイメージでやってみましょう。

音楽に合わせて「ヌルっと」動いてみよう

腰を入れてリズムに乗るためには、普段からヌルっと動いて音楽に乗ることが大事になってきます

音楽がなったら、リズムに合わせてヌルっと腰から動いてリズムに乗っていきましょう。

例えば、サイドステップを踏みつつ前に進んだり、後ろに進んでみたり。

そのときに、腰を入れて「ヌルっと」リズムに乗ってみてください

1・2・3・4とシンプルなリズムではなくて「ヌルっと」動くのがポイントです

やっていくうちに徐々に、ヌルっと動くという言葉の意味がわかってくるはず。

頭から!ダンス経験者はなめらかなボディーウェーブができる

先ほど、首のアイソレーション・胸のアイソレーション・腰のアイソレーションについてお話ししてきました。

アイソレーションができるようになると、ダンスの動きで応用が効くようになります。

アイソレーションの動きの応用の2つ目が、ボディーウェーブです

ということで、ボディーウェーブについてお伝えしていきますね。

ダンス経験者と初心者のボディーウェーブの違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、なめらかにボディーウェーブを入れています

じゃあ、なめらかにボディーウェーブを入れると、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、なめらかなボディーウェーブができないからです。

さらに言えば、なめらかなボディーウェーブができると、ダンスのかっこよさがグーンっとレベルアップします

「あの人の動き、なめらかだよね」と言われる人は、全員共通してなめらかなボディーウェーブを入れているはず。

例えば、ダンス経験者がシンプルにヌルっとボディーウェーブを入れるだけで、動きがぎこちない初心者のボディーウェーブよりも、だんぜんリズムに乗って見えるんです。

じゃあ、なめらかなボディーウェーブができないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者はボディーウェーブの練習をしたらいいんです

ということで、ボディーウェーブについてお話ししていきますね。

ボディーウェーブのやり方

ボディーウェーブでは、首のアイソレーション・胸のアイソレーション・腰のアイソレーションを使っていきます

それぞれのアイソレーションができるように、しっかり練習しておいてください。

※形になってくるまでは、小さい動きでいいのでなめらかに動けるように練習しましょう

まずは、左を向いてやっていきます。

左足が後ろのまま、左足を、正面から左に向かって少し前に出して立ちます。

頭から、のれんをくぐるように左にウェーブを入れていきます

頭で少し前方をえぐるような動きのイメージです。

頭が入ったら、胸をグーっと前に出します。

ここまでで、頭が上に来て、左足に重心が乗ってアップの状態になっています

ここから、背中でウェーブを入れつつ、腰を前に出していきます。

そして、最後に足にウェーブを流してひざを少し曲げつつダウンを入れます

一連の動きをくりかえしていきましょう。

普段から「胸を張って」立つ練習をしよう

ダンス初心者の場合、背中のウェーブがなかなか入れられないパターンが多いです

そして、背中のウェーブを入れるためには、肩甲骨を柔らかく使えるようになる必要があります

じゃあ、肩甲骨を柔らかく使うためにはどうしたらいいのか?

やることは簡単で、胸を張ったまま立つ練習をすればいいんです。

胸がしっかり張れるようになると、ダンス経験者のように肩甲骨を上手に使えるようになるはず

ですので、ダンス初心者の方は、普段から猫背ではなく、胸を張ったまま立つようにしてみてください。

胸を入れて!ダンス経験者は胸でリズムに乗れる

先ほど、首のアイソレーション・胸のアイソレーション・腰のアイソレーションについてお話ししてきました。

アイソレーションができるようになると、ダンスの動きで応用が効くようになります。

1つ目の応用は、腰を入れたリズムの乗り方でした。

2つ目の応用は、ボディーウェーブでしたね。

そして、アイソレーションの動きの応用の3つ目が、胸でリズムに乗ることです

ということで、胸を入れたリズムの乗り方についてお伝えしていきますね。

ダンス経験者と初心者のリズムの乗り方の違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、胸を入れてリズムに乗っています

じゃあ、胸を入れてリズムに乗ると、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、胸を入れてリズムに乗ることができないからです。

さらに言えば、胸を入れてリズムに乗ることができると、ダンスのかっこよさがグーンっとレベルアップします

「あの人、すごくいい感じにリズムに乗ってるよね」と言われる人は、全員共通して胸を入れてリズムに乗っているはず。

例えば、ダンス経験者が胸を入れて軽くリズムに乗るだけで、動きがぎこちない初心者が一生懸命激しくリズムに乗るよりも、だんぜんリズムに乗ってるように見えるんです。

このように、リズムに乗って身体を動かすためには、胸を入れてリズムに乗ることがものすごく大事になってきます

じゃあ、胸を入れてリズムに乗れないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者は胸を入れつつリズムに乗る練習をしたらいいんです

ということで、胸を入れてリズムに乗る方法についてお話ししていきますね。

胸を入れてアップのリズムに乗るやり方

胸を入れてリズムに乗る動きでは、胸のアイソレーションを使っていきます

胸のアイソレーションができるように、しっかり練習しておいてください。

※慣れないうちは、小さい動きでいいので胸を入れて動けるようになるまで練習しましょう

まずは、左を向いてやっていきます。

両足をそろえて、正面から左に向かって立ちます。

アップのリズムを入れていきます。

頭が斜め上に出るようにしてリズムに乗っていきましょう。

頭だけ動かすと頭だけが前に出てしまうので、胸も一緒に斜め上に動かします。

戻します。

動きを繰り返していきます。

指先から!ダンス経験者はハンドウェーブができる

先ほど、首のアイソレーション・胸のアイソレーション・腰のアイソレーションについてお話ししてきました。

アイソレーションができるようになると、ダンスの動きで応用が効くようになります。

1つ目の応用は、腰を入れたリズムの乗り方でした。

2つ目の応用は、ボディーウェーブでしたね。

3つ目の応用は、胸を入れてリズムに乗ることでした。

そして4つ目の応用は、ハンドウェーブです。

胸のアイソレーションができるようになってくると、肩周りも柔らかくなってきます

肩周りが柔らかくなってくると、ハンドウェーブもやりやすくなっているはず

ということで、ハンドウェーブのやり方についてお伝えしていきますね。

ダンス経験者と初心者の腕の使い方の違いは、わかりますか?

答え:ダンス経験者は、ハンドウェーブを上手に使ってダンスを表現しています

じゃあ、ハンドウェーブを上手に使うと、なぜダンス経験者っぽく見えるのか?

ダンス初心者は、ハンドウェーブを上手にできないからです。

さらに言えば、ハンドウェーブを上手にできると、ダンスの動きにヌルっとした滑らかさが加わって表現力がグッとレベルアップします

「あの人、すごくいい感じにヌルっと動いてるよね」と言われる人は、全員共通してハンドウェーブを上手にやってるはず。

例えば、ダンス経験者がハンドウェーブを上手にやるだけで、動きがぎこちない初心者が一生懸命ガチガチなハンドウェーブをやるよりも、だんぜんヌルっと動いているように見えるんです。

このように、ヌルっとリズムに乗って身体を動かすためには、ハンドウェーブを上手にやることがものすごく大事になってきます

じゃあ、ハンドウェーブを上手にやれないダンス初心者は、何をしたらいいのか?

やるべきことはシンプルでして、ダンス初心者は、指先から丁寧に一箇所ずつ身体を動かしてハンドウェーブの練習をしたらいいんです

ということで、ハンドウェーブのやり方についてお話ししていきますね。

ハンドウェーブのやり方

その場にスッと立ちます。

まずは、右手から左手に、ハンドウェーブを流していきます。

1、右手の第二関節を曲げます。

2、右手の第三関節を曲げます。

3、右手の手首を曲げ指先を斜め下に向けます。

4、右肘を軽く上げます。

5、右肩を軽く上げます(もしくは、右肩の肩甲骨を後ろ回しで回します)

6、左肩を軽く上げます(もしくは、左肩の肩甲骨を後ろ回しで回します)

7、左肘を軽く上げます。

8、左手首を軽く上げます。

9、左手の第三関節を曲げます。

10、左手の第二関節を曲げます。

11、左手の指先で波をヌルっと流して終了です。

注意

肩を入れたウェーブは、肩周りの固い人がやると、肩に負担がかかるかもしれません。

ですので、肩甲骨を後ろ回しで回転させてみてください。

右からのハンドウェーブに慣れてきたら、左からのハンドウェーブも練習してみましょう。

おすすめの関連記事

その他のダンス記事も、さっと目を通しておいてみてください。

今ここ↓

ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?徹底解説!!

ダンスをかっこよく見せる方法を徹底解説!!

k-popダンスをかっこよく踊るための基礎動作を徹底解説!

女性らしさを表現するための美しい仕草について徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です