嫉妬の感情を持って、他の練習仲間に嫌がらせをしないこと

嫉妬の感情を持って、他の練習仲間に嫌がらせをしないこととは

ダンスにおいて、嫉妬の感情をもって嫌がらせをするって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスを上達させたいなら、嫉妬の感情を持って、他の練習仲間に嫌がらせをしないこと

ダンス上達において、ダンス自体を練習することは、もっとも大事です。

ただし、それ以上に、ダンスに対する真摯な姿勢で、美しい澄んだ心を持って、望むことはもっと大事です。

何が言いたいかと言うと、ダンスに対する姿勢が歪んでしまうと、それ以上ダンスが上達しなくなり、ダンスが濁ってしまいますよって話です。

ということで、ダンスをやる上で絶対にやってはならないことについてお話します。

ダンスを上達させたいのに、嫉妬の感情を持って、他の練習仲間に嫌がらせをしている人は、反省して心を入れ替えたほうが良いです

なぜかと言うと、嫉妬の感情を持つのは個人の自由だとしても、他の練習仲間に嫌がらせをしている時点で、その人はダンスが絶対に上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、嫉妬の炎に包まれている時点で、ダンスが汚く濁ってしまいますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、嫉妬してしまう自分の心を素直に認めて、なぜ相手に嫉妬しているのか冷静に分析すると良いです

例えば、

  • 自分よりも、先輩や先生と親しくしているのが気に入らない
  • 自分よりもダンスが上手くて、先輩に目をかけられている
  • ダンスが上手くて、インストラクターさんと仲が良いので、気に入らない

こういう心理に陥っていることは、ありませんか?

はっきり言うと、女性は、こういうパターンの嫉妬の感情に囚われているケースが多いです。

具体的にじゃあ、嫉妬するときに何が起こっているかと言うと、

  • 自分だけを見てほしくて、他の練習仲間に嫌がらせをする
  • どうあがいても、ダンスでは勝てないので、嫌がらせをして自分のレベルまで相手を引きずり込みたい
  • インストラクターのすぐ近くに陣取って、気に入らない人がインストラクターを見ようとしても、インストラクターの動きを見えないようにする

こういう行動を、嫉妬の感情に囚われた人は、とってますよって話です。

そして、結論を言うと、こういう嫉妬の感情に囚われて、他人に嫌がらせをしている時点で、ダンサーとして失格です。

もっというと、そんな愚かな感情に囚われているうちは、どんなにダンスを踊っても、ダンスに対する姿勢が美しくないので、絶対にダンスが上達しないです。

はっきり言うと、「あたしすげえ」「俺すげえ」みたいな、勘違いしたダンスしか踊れなくなりますよって話です。

まとめると、もし、嫉妬の感情にとらわれて他人のダンスを邪魔しているようなら、今すぐこころを入れ替えて、行動を改めないと、この先ずっとダンスが上達しないですよってことを覚えておいてください

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です