深呼吸もダンスになる【ダンスの根幹となる身体の使い方】

深呼吸もダンスになるとは

ダンスと深呼吸って、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

深呼吸もダンスになると考えて良いです

ダンスを踊っているのに、深呼吸がラジオ体操みたいになってしまう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、深呼吸もダンスの一部になるからです

もっと突っ込んだ話をすると、深呼吸の動きを見ただけで「この人ダンスやってる人だよな」ってわかっちゃいますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、身体の使い方を意識したら良いです

腕が伸びっぱなしになっている人は、身体の可動域を目一杯使う動作としては良いんですが、動きが固く見えてしまっています。

肘から動かしていき、腕が伸び切らないように常に肘が少し曲がっている状態で、腕を動かしてみて下さい。

目線が正面に向きっぱなしの人は、目の動きが使えてないです。

腕を上に動かすときに、目線も上に持っていきましょう。

腕を下げるときに、目線を正面に戻すと良いです。

指先が開きっぱなしの人は、指先への意識が足りていない証拠です。

人差し指に意識を集中させて、腕を動かしてみましょう。

足を普通に開いているだけの人は、足の意識が足りていない証拠です。

片方の足を前に持ってきて、両足を揃えて立つと美しい足のラインになります。

何が言いたいかと言うと、深呼吸のときの身体の使い方は、そのままダンスの動きにも出てきますよって話です

まとめると、普段深呼吸するときも、肘から動かして、腕を伸ばしきらないようにして、目線を動いている腕の方向に持っていって、指先を意識して、足を揃えて、深呼吸をしたときのシルエットが美しくなるようにすると良いよってことを、覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です