素直であること【ダンスが上達する人の特徴】

素直であることとは

ダンスと素直であることって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスが上達する人は、素直です

ダンスを上達させたいのに、先生や先輩のアドバイスを聞かずにいつもの自分のスタイルで練習をしている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、いつもの自分のやってることだけを続けても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、どんなに素晴らしいアドバイスをもらっても「自分の考えは正しい」「自分は踊れてる」っていう勘違いを続けていたら、いくら頑張って練習しても今以上にダンスが上手くならないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、先生や先輩のアドバイスを素直に聞くと良いです

例えば、その場で普通にVステップを入れて、前後に移動を繰り返してみて下さい

太ももの動きが内股になってしまう人は、動きのクセとして内股で動きやすくなってる証拠です。

股関節を外側に開いて、太ももを外に向かって足を動かしていきましょう。

具体的に言うと、股関節を開いた状態で、踏み込む足の方向に腰から移動して、太ももを動かして最後にかかとが移動するイメージです。

さらに言うと、後ろに下がるときも、股関節を開いた状態で、戻す足の方向にお尻から下がって、太ももを動かして最後にかかとが移動する動きをすると良いですよって話です。

何が言いたいかと言うと「足の動きが内股気味になってるから、外股で動くと良いよ」ってアドバイスを先輩や先生から頂いたら、「はい、わかりました」って言って、すぐに動きを修正できる人は、素直な人で、先生や先輩のアドバイスを素直に聞ける人は、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい

補足

ちょっと突っ込んだ話をすると、先生や先輩が素直な人かどうかも、しっかり見極めてみると良いです。

「俺すげえ」って勘違いしてる先生や先輩であれば、その態度は見習わないほうが良いってことも、覚えておいて下さい。

本当にダンスが上手い人っていうのは、「俺すげえ」って雰囲気を出さなくても、普通に軽く動いているだけで、とても美しくかっこよい動きをされます。

何が言いたいかと言うと、先生や先輩の言葉を素直に聞くのと並行して、先生や先輩がどういう態度でダンスに取り組んでいるかも見てみると良いですよってことを覚えておいて下さい。

補足

「俺は、俺すげえって思ってるし、実際にすげえんだよ」っていう人は、この記事を読まなくてもよいかと思います。

どうぞ、ご自身のスタイルでダンスを続けていって下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です