謙虚さがある人は、ダンスが上達する

謙虚さがある人は、ダンスが上達するとは

謙虚さがあるって、ダンスにおいてどういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

謙虚さがある人は、必ずダンスが上達します

ダンスを踊っていて「自分すげえ」ってオーラがバリバリ出ている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、「自分すげえ」って思っていると、それ以上ダンスが上達しないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、「自分はかなりダンスを上手く踊れている」って考えていると、先輩や先生にアドバイスをもらっても、全く聞く耳を持たなくなり、いつまで経っても、今の自分以上のスキルを身につけることができなくなりますよって話です。

じゃあどうしたら良いかと言うと、謙虚になると良いです。

謙虚っていうのは、控えめになるって意味ではなく「人の話を素直に聞く」姿勢を示すことです

具体的に何をするかって言うと、先輩や先生などにアドバイスを貰ったら「ありがとうございます」って姿勢で話を聞いて、実際にアドバイスしてもらったことを、自分で実践してみると良いですよって話です

その後に、実践してみて「なるほどな」って思えば、自分のダンスに取り入れればよいし、「ちょっと違うかも」って思ったとしても「ダンスの身体の使い方として参考になったな、感謝しよう」と、素直に受け入れると良いかと思います。

まとめると、謙虚さがある人は、他人のアドバイスを素直に受け入れることができるので、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です