ダンスに対して謙虚な姿勢で向き合う人は、実は堂々とした人でもある

ダンスに対して謙虚な姿勢で向き合う人は、実は堂々とした人でもあるとは

ダンスに対して謙虚に向き合ってる人って、どういうふうに見えるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスに対して謙虚な姿勢で向き合う人は、実は堂々とした人なんだと考えると良いです

謙虚って言うと、控えめで引っ込み思案でって考えてしまう人は、少し考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、謙虚とは、控えめなことを表現しているのではなく、相手の話を素直に聞くことだからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、先輩や先生のアドバイスを聞いて「一応話だけ聞いてる控えめな人」は、別に謙虚でもなんでもなく、ただ黙って話を聞いているだけですよって話です

はっきり言うと、大事なことは「ただ素直に話を聞く」ことです。

もっとわかりやすく言うと、ダンスに対して謙虚な人は、先生や先輩のアドバイスを貰ったら、実際にすぐ自分で実践して試してみる傾向にありますよって話です

そして「なるほどな」っと思えば、自分のダンスとして取り入れればよいし、「ちょっと違うかも」と思ったとしても、「こういうダンスの身体の使い方もあるんだな、教えてもらえてよかった」と素直に受け入れると良いかと思います。

さらに言うと、謙虚な姿勢でダンスと向き合っていくと、どんな動きでも実際に練習するようになるので、人から見たときに「ちょっと変わった動きや怪しい動き」をしたり、日常生活を変えることが当たり前になってきます。

ダンスに対して謙虚な人は、素直に自分の行動を変えていける人になっていくよって話にもつながっていきます

じゃあそういう生活を続けるとどういう人になっていくかって言うと、他人から見たときに「あの人、いつも堂々としてるな」って思われるようになります。

わかりやすい例でいうと、謙虚な人が、先生に「ダンスでは、歩く姿勢が大事だよ」ってアドバイスをもらったら、きれいな姿勢で歩くようになるかと思います

そうすると、徐々に「きれいな姿勢で歩くこと」が当たり前になっていき、他人から見たときに「あの人、いつも堂々としてるな」って思われるようになりますよって話です。

厳しいことを言うと、謙虚さが足りない人は、「胸を張ったきれいな姿勢で歩くのは恥ずかしい」「なんかダサい」など余計なことを考えてしまうので、いつまで経ってもダンスが上達しないと考えて下さい。

何がいいたいかと言うと、謙虚な人は、他人からのアドバイスを素直に受け入れて実践するので、徐々にダンスが上達していくし、他人から見たときに「堂々とした人」に見えるようになっていくってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です