足でドラムのリズム、クラップで2分の1のリズムをとる【簡単な動きをかっこよく踊るための練習】

足でドラムのリズム、クラップで2分の1のリズムをとるとは

ダンスにおいて、足でドラムのリズム、クラップで2分の1のリズムをとるって、どうやったら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスでかっこよくリズムを取りたい人は、足でドラムのリズム、クラップで2分の1のリズムをとると良いです

ダンスを上達させるためには、基礎となる立ち方、歩き方などの身体の使い方、身体を内側から動かすためのアイソレーションの練習をすることが、とても大事です。

ただし、基礎となる身体の使い方を、ダンスの動きに入れ込んでいくためには、シンプル過ぎるくらい簡単な動きの練習をすることも、大事になってきますよってことも覚えておいてください。

何がいいたいかと言うと、難しい動きができるようになるのも大事だけど、簡単な動きをかっこよく踊れるようになることも大事だよって話です。

ということで、簡単な動きをかっこよく踊るための練習についてお話していきます。

ダンスを上達させたいのに、なんとなく踊りの練習ばかりしていて、細かいリズムをきちんと取れない人は、行動を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、リズムをきちんと取れないと、踊っているときのリズムが雑になってしまうからです

もっと突っ込んだ話をすると、どんなに難しい動きをしていても、リズムがちゃんと取れていないと、かっこよくキマらないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、足でドラムのリズム、クラップで2分の1のリズムをとると良いです

以前の記事で、

この3つについて、お話してきました。

3つをまとめて、足でドラムのリズムを取りつつ、2分の1でクラップを入れつつ、かっこよいクラップをやると良いですよって話です。

足でリズムを取れるようになって、クラップでリズムをとれるようになって、かっこよいクラップをできるようになって、それぞれの動きをきちんとできるようになってから、チャレンジしてみるとよいかと思います。

何が言いたいかと言うと、かかとでリズムをとって、クラップでも同時にリズムをとれるようになると、かっこよくリズムを取れるようになりますよってことを覚えておいてください

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です