ダンスの練習動画撮影後の編集に必要なものを解説!

こんな方におすすめ

  • ダンスの練習動画撮影後に動画編集するためのソフトを知りたい。
  • ダンスの練習風景を撮影した動画の編集方法を知りたい。

 

この記事を読んでわかること

  • ダンスの練習動画を撮影した後は編集すると見やすくなる
  • ダンスの練習動画撮影後に動画編集するためのおすすめソフト

当記事の信憑性

この記事を書いている僕は、自分が踊っているダンスの動画を定期的に撮影しています。

撮影した動画を編集することで、動画が見やすくなります。

ダンスの練習動画を撮影した後は編集すると見やすくなる

ダンスの練習風景を撮影した動画って、大きな音を鳴らせない環境だったりして、そのまま見ると見づらい場合がありますよね。

動画を編集することで、以下のようなメリットがあります。

ダンスの練習動画撮影後に編集するメリット

  • イヤホンを聞きながら踊っている→音声を追加することで動画が見やすくなる
  • 踊り前後の間が長い→動画をカットすることで踊りだけをすぐに確認できる
  • 動画が長い→動画をカットして分割保存することで見たい場面がすぐに見れるようになる
  • 動画に蝉の音などの余計な音声が入っている→音を消したりbgmを追加することで見やすい動画になる

ザックリいうと「ダンスの練習動画を撮影する→撮影した動画を編集する→動画を自分にとって見やすい状態にする」というイメージです。

さらに、ダンスの練習動画撮影後に動画編集するためのおすすめソフトについて深掘りしていきます。

ダンスの練習動画撮影後に動画編集するためのおすすめソフト

動画を編集する場合、大きく分けて2種類のソフトがあります。

  • 無料のフリーソフト
  • 有料のソフト
無料のフリーソフト

お金がかかりません。

ものによっては、使いやすいです。

有料のソフトに比べて、機能が大きく制限されています。

ザックリいうと「無料のフリーソフトは、お金がかからない反面、使いたい機能が使えない」という感じがします。

ものによっては、便利なものも有りますので、いろいろ試してみるといいかと思います。

有料のソフト

初期投資のためのお金がかかります。

無料ソフトに比べて、機能が豊富です。

使いたい機能があるものを選べば、ずっと長く使い続けられます。

ザックリいうと「有料のソフトは、初期投資の費用がかかりますが、自分の使いたい機能を使うことができる」というイメージです。

ダンスの練習動画を長いスパンで撮影していくなら、有料のソフトを導入することをおすすめします。

さらに、おすすめの動画編集ソフトを深掘りしていきます。

動画編集するならadobe premiere elementsがおすすめ

adobe premiere elements

僕が実際に使っているのは、Adobe Premiere Elementsです。

アマゾンでは、僕が使っていた旧製品のadobe premiere elements15ではなく、adobe premiere elements2018が販売中です。

adobe premiere elementsでできること

  • 動画の音声を削除→音声を追加する
  • 追加した音声と動画の動きを、編集作業で揃える
  • 動画の不要部分をカット
  • 長すぎる動画を分割
  • 暗くて見ずらい動画を明るくする

実際に使っている画面を見て、使い方を深掘りしていきます。

音声を削除する

動画を、ドラッグアンドドロップします。

動画が画面に表示されます。

補足

画像の上のほうに、「クイック、ガイド、エキスパート」という表示が見えると思います。

僕が使っているバージョンでは、クイックとエキスパートがありますが、エキスパート設定がおすすめです。

編集しやすくなります。

画面下半分に、編集のための動画と音声が表示されます。

ビデオ1が動画です。

オーディオ1が音声です。

横軸に、動画と音声の長さが表示されています。

まずは、音声を削除してみます。

オーディオの上で、右クリックすると、便利機能が出てきます。

便利機能の中の、オーディオを削除を選択します。

すると、このように音声が削除されます。

編集した動画を保存する

編集したものを、保存していきます。

左上のファイルをクリックして、別名で保存します。

動画をMP4で見れるように変換していきます。

左上のファイルをクリックして、書き出しと共有をクリックします。

書き出しと共有の画面で、右下の保存をクリックします。

動画の保存が開始されます。

Adobe Premiere Elementsは感覚的に簡単に使える

音声削除のやり方や、編集した動画を保存する例をもとに、Adobe Premiere Elementsの使い方をザックリ見てきました。

Adobe Premiere Elementsは、そんなに難しいものではないので、使っていくうちに体感的に使い方がわかってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。