無駄なプライドを捨てて、先輩や先生のアドバイスを素直に聞く【ダンスが上達する人の特徴】

無駄なプライドを捨てて、先輩や先生のアドバイスを素直に聞くとは

ダンスにおいてプライドが高すぎるって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

無駄なプライドを捨てて、先輩や先生のアドバイスを素直に聞くと良いです

ダンスが上達したいと思っているのに、プライドが高くて先輩や先生のアドバイスを素直に聞けない人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、プライドを高く保っても、ダンスは全く上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、「自分すげえ」って思ってると、先生や先輩の話をちゃんと聞かずに、自分のいつもどおりの身体の使い方に固執してしまい、どんなに練習してもダンスが上達しないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、先生や先輩のアドバイスを素直に聞くと良いです

例えば、「胸を張ってきれいな姿勢で立つと良いよ」って先生に言われたとします

そしたら、その日からすぐに、立つときも歩くときも、胸を張って過ごすようにしましょう。

ずっと胸を張っているときついかもしれないので、気づいたときに「あっ、胸を張って立ち、胸を張って歩こう」と思って自分の身体の使い方を変えていくと良いです。

何が言いたいかと言うと、先生や先輩のアドバイスを素直に聞けない人は、その場で話だけ聞いていても、普段の生活では、胸を張って立ったり歩いたりせず、いつもの自分の身体の使い方に固執してしまい、ダンスが上達しないですよってことを覚えておいて下さい。

補足

ちなみに、胸を張った姿勢で立つこと、胸を張った姿勢のまま歩くことは、あらゆるダンスの基礎となる大事な身体の使い方です。

なぜかと言うと、胸を張る動作というのは、肩周り、胸、肩甲骨が柔らかくないとできないからです。

もっと言うと、胸を張った姿勢は、そのままダンスのときの良い姿勢に繋がります。

さらに言うと、胸を張った姿勢は身体の左右のバランスも整えてくれるし、体幹も鍛えられて、ダンスでぶれない身体の土台づくりにもなりますよって話です。

はっきり言うと、普段から猫背の人は、踊ってるときもシルエットが猫背なので、首が前に出すぎていて、どんな動きをやってもさまにならないと考えてもらうと良いです。

まとめると、「俺すげえ」的な無駄なプライドを捨てて、先輩や先生のアドバイスを素直に聞いて、教わったことをすぐ実践すると、身体の使い方が良い方向に変わっていき、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です