「人に、かっこ悪い姿を見られたくない」っていう無駄なプライドが高い【ダンスが上達しない人の特徴】

「人に、かっこ悪い姿を見られたくない」っていう無駄なプライドが高いとは

ダンスにおいて、「人に、かっこ悪い姿を見られたくない」って考えるのは、どういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスが上達しない人は、「人に、かっこ悪い姿を見られたくない」っていう無駄なプライドが高い

ダンス上達において、ダンス自体を練習することは、もっとも大事です。

ただし、それ以上に、ダンスに対する真摯な姿勢で、美しい澄んだ心を持って、望むことはもっと大事です。

何が言いたいかと言うと、ダンスに対する姿勢が歪んでしまうと、それ以上ダンスが上達しなくなり、ダンスが濁ってしまいますよって話です。

ということで、ダンスが上達しない人の特徴についてお話します。

ダンスを上達させたいのに、「人に、かっこ悪い姿を見られたくない」っていう無駄なプライドが高い人は、今すぐ心を入れ替えたほうが良いです

なぜかと言うと、かっこ悪い自分を人に見せれないようでは、どんなにダンスを練習しても、上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、かっこ悪い自分を見せれない人は、自分のできる動きしか練習せず、自分のできない動きや苦手な動きをきちんと練習しないので、いつまで経ってもダンスが上達しないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、「人に、かっこ悪い姿を見られたくない」っていう無駄なプライドを捨てると良いです

例えば、いつもの練習場所で、あなたが苦手とする動きをやってみてください

具体的に言うと、全然できない動きや、ぎこちなくなってしまう動きを、敢えてやってみると良いです。

もし、ぎこちないあなたの動きを見て「あいつ、下手だな」「何あれw」みたいな感じでバカにしたり笑われたりしても、それでも練習を続けてください。

何が言いたいかと言うと、「できてない動きを練習してる自分の姿を、人に見られても平気になる」くらいのダンスに対する真面目な姿勢を持てないと、ダンスは絶対に上達しないですよって話です

もっと言うと、できてない動きを練習してるあなたのことを、バカにするような人は、絶対にダンスが上達しないですよって考えてもらうと良いです。

はっきり言うと、上手いダンサーさんは、人にバカにされたり笑われたりする状況に、みんな必ず遭遇しているはずで、誰に何を言われても、「自分には、できない動きがあって、このできない動きをできるようになるまで練習するんだ」っていう、ダンスに対する強い意欲を持って、きちんと丁寧にダンスに向き合っているってことを覚えておいてください。

補足

厳しいことを言うと、僕が今言っていることの意味が理解できない人は、絶対にダンスが上達しないですよって考えてもらうと良いです。

僕は、大学生のダンス練習場所、ダンススクール、ジムなどでのスタジオレッスン、いろんなダンサーが自由に踊れるたまり場、みたいな、いろんな状況でダンスを練習してきました。

そこで思うのが、「ダンスに対する姿勢」がどうなのかっていうのが、ダンスを上達させるのに一番大切だってことです。

わかりやすく言うと、「どれだけ人に、かっこ悪い自分の姿を見せられるか」っていうダンスに対する真剣な姿勢を持てるかどうかで、ダンスが上達していく人と、ずっと上達していかない人の差が、はっきり別れていきますよって話です。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です