立ち姿を美しくする【ダンスの基礎となるシルエットの話です】

立ち姿を美しくするとは

ダンスにおいて立ち姿ってどういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

立ち姿はダンスの基礎となるシルエットそのものです

踊っていないときの自分の姿勢を意識していない人は、考え方を改めた方が良いです

何故かと言うと、普通に立っている姿勢は、ダンスのシルエットそのものだからです

例えば、その場で、いつもどおりに立ってみて下さい。

首が前に出てしまう人は、胸を前に出して、胸を張った姿勢で立つようにしましょう。

背中が丸まって猫背になってしまう人も、胸を張ったら良いです。

胸を張ったときにお腹が前に出てしまう人は、お腹ではなく胸だけを前に出してください。

胸を張ったときに肩が上がってしまう人は、肩の力を抜いてリラックスしましょう。

左右どちらかの肩が上に上がってしまう人は、胸を張ることに意識を集中すると、徐々に左右のバランスが整っていきます。

もう少し突っ込んだ話をすると、立っているときの姿勢がそのままダンスの静止状態のシルエットになるんだよって話です。

まとめると、立ち姿が美しくないと、ダンスのシルエットも綺麗にならないんだってことを覚えておいてください

ハッキリ言うと、ポーズを覚えたりとかそういう事よりも、普段の何気ない姿勢を美しくした方が、確実にダンスのシルエットがキレイになるかと思います

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です