親指が痛むことがあって、親指の皮が厚くなっている人は、皮膚科に行く【ダンスと体調不良の関係】

親指が痛むことがあって、親指の皮が厚くなっている人は、皮膚科に行く

ダンスと親指の痛みって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

親指が痛むことがあって、親指の皮が厚くなっている人は、皮膚科に行くと良いです

ダンスを踊っていて、体調不良を感じることは、誰しも必ずあります。

具体的に、体調不良を大きく2つにわけると、病気や風邪などの、内部疾患的な体調不良と、関節や筋肉の痛み、傷などの物理的な痛みによる体調不良があると考えてもらうと良いです。

何がいいたいかと言うと、どちらの体調不良も、ほおっておくと、後々ひどくなって治療にたくさんの時間を使わなければいけないようになりますよってことを覚えておいてください。

はっきり言うと、ちょっと心配性なくらい早め早めに治療したほうが、長い目で見たときに、健康な体でダンスを楽しく続けていくことができますよって話です。

ということで、ダンスにおいて体調不良や違和感を感じたときに、どうしたらよいかの具体例についてお話していきます。

親指が痛むことがあって、親指の皮が厚くなっているのを放置している人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、痛いままずっと放置していると、徐々に痛みが増して、症状がひどくなる可能性があるからです

もっと突っ込んだ話をすると、我慢できるくらいの痛みを我慢していると、いづれは我慢できないくらいの痛みになってしまいますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、親指が痛むことがあって、親指の皮が厚くなっている人は、皮膚科に行くと良いです

何か特別な皮膚疾患があるとか、親指の骨が折れているとか、そういうことでなければ、親指の皮が単純に厚くなりすぎているのが、痛みの原因です。

もっと言うと、外反母趾の人は、親指の外側の皮が厚くなりやすい傾向があるって考えてもらうと良いです

ですので、皮膚科の先生に見てもらって「皮が厚くなってますね、削りましょうか」という話をしていただき、魚の目削りなどの器具で、皮を削ってもらいましょう。

何がいいたいかと言うと、皮膚科の先生にきちんと見てもらって対処すると、案外簡単に症状が改善しますよってことを覚えておいてください。

そして、親指の皮は定期的に分厚くなっていきますので、ご自身で、魚の目削りの器具を買って、定期的に皮を削るようにすると良いかと思います。

魚の目削りは、ヘンケルスがおすすめ

ちなみに、おすすめは、ヘンケルスの魚の目削りです。

柄の部分が強く、折れにくいので、長い目で見たときに継続的に使えます。

補足

親指の痛みなどの違和感は、自己判断をするのはよろしくないです。

わかりやすく言うと、皮の厚みだったら皮膚科に言って、親指自体が痛むなら整形外科に言って、お医者さんに相談するのが大事だよって話です。

なぜ病院に行くのが大事かと言うと、お医者さんは、似たような事例をたくさんご存知なので、医学的に正しい解決方法を教えてくださるからです。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です