面白いと思ったら、とことん追求する【ダンス上達のための心理学】

面白いと思ったら、とことん追求するとは

ダンスをやってて面白いと思うことがあったら、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

面白いと思ったら、とことん追求すると良いです

ダンスをやってて面白いと思うことがあっても他のことに気が削がれてしまう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、面白いと思った瞬間が、ダンス上達のチャンスだからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、アーティストのダンス動画を見て「おっ」「これは面白いな」と思った時点で、その動きをマスターするための心の準備がすでにできてますよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、面白いと思った動きをすぐに練習してみると良いです。

例えば、好きなダンス系アーティストのMVを見てましょう

MVをたくさん見ていると「おっ」「この身体の使い方面白いかも」と発見することが、必ずあるはずです

「良し、チャンスだ」と思って、すぐに動きを真似してみて下さい。

なぜかと言うと、面白いという心の持ちようを持ってチャレンジすることが、ダンスを上達するために一番大事だからです。

例えば、僕の場合、2019年9月26日の午後に、BTSの「Blood Sweat & Tears」のダンスプラクティス動画を見て「おっ」「これすげえ面白い」と思って、鳥肌がゾワゾワ立ちました。

そこからひたすら、ダンスプラクティス動画を見て「自分だったらこの動きをどうするだろうか」と思ったり、「師匠だったらどうするかな」と考えながら、頭の中ではすでに踊っている自分の姿が浮かんでいました。

何が言いたいかと言うと、ダンスのことを考えていて「これは面白い」と思ったら、とことん追求すると良いですよって話です

そして、面白さを追求していくうちに、必ずダンスは上達していきますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です