オールドスクールダンスの基礎技を解説【胴体を自在に動かす】

こんな方におすすめ

  • オールドスクールダンスの基礎技を知りたい。
  • オールドスクールの胴体を使った独特の動きを学びたい。
  • オールドスクールの味のある動きをマスターしたい。

 

あなたの胴体、固まってませんか?

オールドスクールダンスでは、胴体を自在にグイーンっと動かして踊っていきます。

僕は、週4日ダンススクールに通っています。

そして、ロックダンスのレッスン内の振り付けで、オールドスクール系の動きが出てきます。

その中で「これは使えるな」と思ったオールドスクール系の基礎技をまとめてみました。

オールドスクールでは「足踏み」しながら胴体を動かしていく

まずは

その場足踏み

の動きを覚えていきましょう。

足踏みの動きは、ロックダンス練習のためのポイントで、かかとを上げるその場歩きの動きを解説してます。

ロッキンの身体の使い方のイメージを意識しつつ、足裏を床から離して、足踏みをしていきます。

ということで、その場足踏みのやり方を見ていきます。

足を肩幅よりも少し狭めて開きます。

エンカウントで、その場で、右足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、足踏みをします。

1カウント目で、浮かせた右足のつま先を床に着けます。

エンカウントで、その場で、左足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、足踏みをします。

2カウント目で、浮かせた左足のつま先を床に着けます。

左右交互に動きを繰り返していきます。

動きに慣れてきたら、

シングルシングルダブル

のリズムでやってみて下さい。

さらに、その場足踏みの動きに、肘の動きを足していきます。

足を肩幅よりも少し狭めて開きます。

エンカウントで、その場で、右足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、足踏みをします。

1カウント目で、浮かせた右足のつま先を床に着けつつ、右ひじを右サイドに出していきます。

エンカウントで、その場で、左足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、足踏みをします。

2カウント目で、浮かせた左足のつま先を床に着けつつ、左ひじを左サイドに出していきます。

左右交互に動きを繰り返していきます。

注意

ダンス初心者の方は、肘をサイドに出すときに肩が大きく上に上がりがちなパターンが多いです。

肘をサイドに出すイメージで、肩のラインが平行に動くように意識して練習してみて下さい。

補足

肘の動かし方に迷ったら、肘を下から上に上げるイメージで、肘をサイドに出してみましょう。

「肘は上に上げるけど、肩は上げない」ように意識すると、動きがキレイになってきます。

動きに慣れてきたら、さらに腰の動きを足し算していきます。

肘をサイドに出すときに、出す肘と反対側の腰を斜め後ろに出す

イメージで、腰回りの「グイーン感」を動きに足していきます。

腰の動きにも慣れてきたら、さらに胴体の動きを足していきます。

肘をサイドに出すときに、肩のラインが平行になるように胴体も一緒にサイドに出す

イメージで、胴体の「グイーン感」を動きに足していきます。

勘のいい方は、ここまでの解説を見て、あることに気づいたと思います。

胴体のグイーン感

を出すことで、オールドスクール系の動きになるんです。

ですので、オールドスクールの練習をしてるけど、なかなか上手く踊れないなという方は「胴体のグイーン感」を意識して練習してみて下さい。

さらに、足踏みの動きをキックに変えていく動作を深掘りしていきます。

足踏みの動きを「キック」に変えていく

その場足踏みの動きを「キック」に変えて、先ほどからお話している動きと同じ動作をやっていきます。

足を肩幅よりも少し狭めて開きます。

エンカウントで、その場で、右足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、右足で前にキックを入れます。

1カウント目で、浮かせた右足のつま先を床に着けつつ、右ひじを右サイドに出していきます。

エンカウントで、その場で、左足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、右足で前にキックを入れます。

2カウント目で、浮かせた左足のつま先を床に着けつつ、左ひじを左サイドに出していきます。

左右交互に動きを繰り返していきます。

キックのリズムを入れるときに

キックのダウンをアクセントにすると、ダウンになる

キックを強めに入れるとダウンになる

キックを弱めにしてアップにアクセントを入れると、アップになる

キックを弱めに入れるとアップになる

このように、2つのパターンで表現できます。

補足

繰り返しになりますが、キックを強くするとダウンになり、キックを弱くするとアップになります。

どちらにアクセントを入れるのか、意識して練習してみてください。

動きに慣れてきたら、さらにキックの動きを「円を描くように」やっていきます。

足を肩幅よりも少し狭めて開きます。

エンカウントで、上体を前に向けたまま、左の腰を内側にひねっていきます。

1で、その場で、右足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、右足をサイドから前を経由して、元の位置に戻していきます。

右足の動きは、足裏で反時計回りに円を描くようなイメージです。

エンカウントで、上体を前に向けたまま、右の腰を内側にひねっていきます。

2で、その場で、右足のかかとを浮かせるイメージで足裏を床から離して、右足をサイドから前を経由して、元の位置に戻していきます。

左足の動きは、足裏で時計回りに円を描くようなイメージです。

動きを左右交互に繰り返していきます。

注意

ダンス初心者の方は、つま先が上に浮いて前から足の裏が見えた状態になりがちなパターンが多いです。

つま先が床に付きそうなくらいスレスレのラインで、足を浮かせながら滑らせる意識で練習してみてください。

かかとが上がっていて、つま先が下がっているようなイメージです。

補足

「なんとなくうまく出来ないなあ」という方は、足の動作が、常につま先が内側に向いた、膝から下が内股のようになっているかどうかを確認してみましょう。

膝から下が内股気味に動いていれば、キレイに動けている状態になっているはずです。

更に言うと、オールドスクール系の動きが上手い方は、足裏の内側が少し浮いている状態で「エンカウントの腰を内側に入れる動作」をやっているパターンもあります。

勘のいい方は、ここまでの解説を見て、また「あること」に気づいたと思います。

それは

腰のグイーン感

を出すことが、オールドスクール系の動きでは大事だということです。

ですので、腰を内側に入れるときに、腰をグイーンっと動かす意識で練習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です