O脚だと内股気味の動きになってしまう【ダンスのためのO脚改善】

O脚だと内股気味の動きになってしまうとは

ダンスにおいて、O脚と内股気味の動きって、どういうふうに考えたらよいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

O脚気味の人は、ダンスを踊っているときの全ての動きが内股気味になってしまう

ダンスでは、自分の身体の使い方について理解を深め、自分の身体の状態をコントロールすることが最も大事です。

何が言いたいかと言うと、自分はなぜ「膝を痛めやすいのか」「肩を痛めやすいのか」「腰を痛めやすいのか」などを、細かく分析できるようになると、身体の不調がでにくくなって、長い目で見たときにいくつになってもダンスを踊れる身体を保っていけますよって話です。

ということで、膝を痛めやすい原因になっているO脚を改善するための方法についてお話していきます。

ダンスを踊っていてO脚気味で、膝を痛めやすい人は、行動を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、O脚のまま踊ると、太ももが内股気味になっていき、膝を痛めてしまいやすいからです

もっと突っ込んだ話をすると、太ももが内股気味っていうことは、膝が常に内側にひねった状態なので、ひねったまま足をうごかしていることになり、膝に負担がかかり続けて故障してしまいますよって話です。

何が言いたいかと言うと、O脚気味の人は、ダンスを踊っているときの全ての動きが内股気味になってしまうって事実を理解してくださいねって話です

はっきり言うと、大人になってダンスを始めた人は、もともとO脚気味で動いている傾向があって、O脚で踊っている方が多いですよって考えてもらうと良いです。

ですので、「自分はダンスを踊っていて、膝を痛めやすいなあ」って人は、ほぼ間違いなくO脚気味になってます。

まとめると、O脚気味の人は、ダンスを踊っているときの全ての動きが内股気味になってしまうっていう事実を認識することが、まずは大事だよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です