いつも猫背になってしまう人の改善方法【ダンスの症状別の身体の使い方】

いつも猫背になってしまうとは

ダンスと猫背って、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

いつも猫背になってしまう人は、立ち姿を変えると良いです

ダンスが上達したいと思っているのに、普段からずっと猫背で過ごしている人は、行動を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、いつも猫背の人は、踊っているときも猫背になって、シルエットがかっこ悪くなるからです

もっと突っ込んだ話をすると、猫背で踊ってしまうと、どんな動きをしてもキマらないですよって話です。

はっきり言うと、普段猫背なのに、踊るときだけきれいな姿勢になるっていうのは、ありえないですよって考えてもらうと良いです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、立ち姿を変えると良いです

例えば、いつもどおりその場に立ってみて下さい。

首が前に出て背中が丸まってる人は、身体が固い証拠です。

胸をグーッと張って、立つようにしましょう

首が斜めに倒れて、体重を片方の足に乗せている人は、体幹がぶれている証拠です。

同じように胸をグーッと張って、両足に均等に体重を乗せるようにしましょう。

何が言いたいかと言うと、普段から胸を張ったきれいな姿勢で立つことで、徐々にダンスのシルエットがキレイにかっこよくなっていきますよってことを覚えておいてください。

わかりやすく言うと、ダンスの上手い人で、猫背で踊っている人はいないですよって考えてもらうと良いです。

具体的に言うと、あえて肩を落としてダウンの動きを入れて重心を下げることはありますが、ずっと猫背で踊るわけではないって話です。

まとめると、普段から猫背の人はダンスのシルエットが汚くなるので、胸をグーっと張った良い姿勢で過ごすようにすると、少しずつシルエットがキレイにかっこよくなってきますよってことを覚えておいて下さい

そして、シルエットがかっこよくなることが、そのままダンスの上達につながっていきますよって話です。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です