ダンス前後におすすめ!首のストレッチのやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ダンス前後におすすめな首のストレッチのやり方を知りたい。
  • 首を痛めやすいので簡単な首のストレッチを知りたい。
  • 首の筋を痛めると頭痛になりやすいのでストレッチで頭痛の予防をしたい。

 

この記事を読んでわかること

  • ダンスを踊っていると首を痛めやすい
  • ダンス前後におすすめな首のストレッチのやり方

当記事の信憑性

僕は、ダンスや筋トレで首の筋を痛めやすい傾向があります。

ですので、ダンス前、筋トレ前に必ず首のストレッチを行うようにしています。

ストレッチを行うようになってから、首筋を痛めにくくなりました。

とても簡単な首のストレッチですので、ぜひ試してみて下さい。

首筋の痛みによる頭痛を改善する効果もあります

僕は、首筋を痛めると頭痛になりやすい体質です。

ですので、首のストレッチをやるようになってから、首筋を痛めにくくなったので、頭痛も改善されました。

首筋の痛みから、頭痛を発症してしまう方にもおすすめです。

ダンスを踊っていると首を痛めやすい

ダンスを踊っていると、首をいろんな方向に動かします。

  • 首を前後左右にアイソレーションする
  • 首を獅子舞のように縦に360度ロールする
  • 足を動かす+首をアイソレーションする

すると、首はどうなるでしょうか?

答え:首を痛める恐れがあります。

では、首を痛めないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

答え:首のストレッチを行うようにする。

ザックリいうと「ダンス前に首のストレッチをする→首を痛めにくくする」みたいなイメージです。

さらに、ダンス前後におすすめな首のストレッチのやり方を深掘りしていきます。

ダンス前後におすすめな首のストレッチのやり方

こんな方におすすめ

  • ダンス前後に首をストレッチして柔らかくしておきたい。
  • 首筋を痛めると頭痛になるので、首のストレッチで予防したい。
  • 簡単な首のストレッチで首の柔軟性を上げたい。
補足

左、右の表現は、僕自身が行っている方向で解説しています。

僕を鏡に見立ててやるなら、記事で書いている方向と逆向きに、画像と同じ方向に行うことをおすすめします。

首を左に倒す→左斜め前に倒す→左斜め上に上げるストレッチ

胡坐をかいて座ります。

首を左に倒します。

右手を床につけた状態にします。

右手を少し遠くへ伸ばすようにします。

右手を伸ばすことで、首の伸び感が感じられればOKです。

右手を伸ばしたまま続けていきます。

首を左斜め前に倒します。

さらに、右手を伸ばしたまま続けていきます。

首を左斜め上に上げます。

前を通って、首を左から右に回します。

首を右に倒します。

左手を床につけた状態にします。

左手を少し遠くへ伸ばすようにします。

左手を伸ばすことで、首の伸び感が感じられればOKです。

左手を伸ばしたまま続けていきます。

首を右斜め前に倒します。

さらに、左手を伸ばしたまま続けていきます。

首を右斜め上に上げます。

補足

伸び感を感じられるくらい、ゆっくり首を伸ばします。

無理しない程度に、「気持ちいいな」と感じる範囲で行っていきましょう。

おすすめの関連記事

ダンス前後におすすめ!腰のストレッチのやり方を解説!

ダンスに必要な肩甲骨ストレッチのやり方を解説!アイソレーションも!

ダンスの前後に!全身を伸ばして縮める簡単ストレッチのやり方とコツを解説!

背中を柔らかくするストレッチのやり方を解説!

まとめ

簡単なストレッチですので、ぜひダンス前や運動前にやってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。