ハトの首は究極に柔らかい

ハトの首は究極に柔らかいとは

ハトのように首を動かすってどういう仕組みなの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ハトの首は究極に柔らかい

ハトって、常に首を前後に動かしながら歩いていますよね。

どうなっているかと言うと、常に首を引っ込めて首を戻してという動作を繰り返しているんです。

例えば、首を前に出して、後ろに引っ込めてみて下さい。

首が前後に動かせない人は、首と肩回りが固い証拠です。

肩のシンプルストレッチをして肩を柔らかくしましょう。

そして、首を前にグーっと伸ばして、首をグーっと後ろに引っ込める動きを繰り返し練習してみて下さい。

もう少し突っ込んだ話をすると、ハトのように首を前後にしっかり動かせるようになるとダンスの力が上がっていきますよって話です。

ですので、ダンスで首を前後に動かすときは、ハトの動きをイメージすると良いです。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です