自分の容姿に自信がなくても、真面目にダンスと向き合えば、だんだん格好良い人に見えてくる

真面目にダンスと向き合えば、だんだん格好良い人に見えてくるとは

ダンスと自分の容姿って、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

自分の容姿に自信がなくても、真面目にダンスと向き合えば、だんだん格好良い人に見えてきます

自分の容姿に自身がないからダンスを人前で踊れないですっていう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、見た目に自信がなくても、ダンスと真剣に向き合っていけば、他人から見たときにかっこいい人に見えるようになっていくからです

もっと突っ込んだ話をすると、ダンスに丁寧に取り組んでいくと、姿勢が良くなるし、動きも美しくなるし、全体としてパッと見たときのスタイルも良くなっていきますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、ダンスの基礎的な身体の使い方を学んで、習得のために真面目に取り組むと良いです

例えば、普通に立ってみて下さい。

背中が丸まって首が前に出てしまう人は、身体が固い証拠です。

胸をグッと張って、立つようにしましょう。

左右の肩の高さが少しずれている人も、胸をグッと張って立つようにすると良いです。

何がいいたいかと言うと、立っている姿がきちんとした印象に変わるだけでも、他人から見たときの見た目の印象がガラッと変わって、かっこよく見えるようになりますよって話です

はっきり言うと、同じ人でも、立ち姿や身のこなしが変わるだけで、見た目の印象はびっくりするくらい変わっていくと考えてもらって良いです

そして、ダンスを通して、立ち姿や身のこなしを、美しくきれいにかっこよくしていくことができます。

まとめると、自分の容姿に自信がなくても、真面目にダンスと向き合って、立ち姿や身のこなしをキレイにしていけば、他人から見たときにだんだん格好良い人に見えてくるようになるってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です