ダンスで目線がいつも同じになる原因と改善方法【手先足先を見る】

ダンスで目線がいつも同じになる原因とは

ダンスを踊っていて、いつも目線が同じで変えられないけど、どうしたらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスの目線は、自分の手先足先の動きを追うようにすると良いです

いつも正面ばかり向いて踊っている人は、考え方を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、目線もダンスの大事な動きだからです。

ずっと足の動きを見ているよりは、正面を向いて踊ったほうが断然良いです。

ですが、ずっと正面を向いて踊るのは、動きとして不自然です。

じゃあどうしたら良いかと言うと、例えば、深呼吸してみて下さい。

深呼吸するときにずっと前を向いている人は、腕が真上に来たら指先の動きを追うように、真上を見ましょう。

そして、腕が降りていくのに合わせて、視線を正面に戻してみて下さい。

もう少し突っ込んだ話をすると、指先をしなやかに動かすときは、指先の動きを見つめるようにすると良いですよって話です。

そして、もう一つ、ジゴロの動きをやってみて下さい。

正面をずっと向いている人は、片方の肩の向こうの、ちょっと遠くの床を見つめてみましょう。

わかりやすく言うと、動いている身体のパーツの方向を目線で追うようにすると良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です