普段は参加しないダンスレッスンにたまに入ってみる【ダンス上達のために必要な刺激理論】

普段は参加しないダンスレッスンにたまに入ってみるとは

ダンス上達とダンスレッスンって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

普段は参加しないダンスレッスンにたまに入ってみると良いです

いつも同じ練習ばかりをしていて、刺激が足りてない状態で練習している人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、いつもどおりの練習を続けることは大事ですが、刺激がない状態だと、練習がマンネリ化してしまうからです

もっと突っ込んだ話をすると、いつもどおりの練習っていつもやっていて普通にこなせるので、それ以上ダンスが上達しないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、普段は参加しないダンスレッスンに入ってみると良いです

例えば、どんなジャンルでも良いので、ワンレッスンだけでも受けられるダンスレッスンに入ってみて下さい。

補足

僕は、2019年10月2日、ジムのスタジオプログラムのダンスレッスンに入ってみました。

インストラクターさんのダンスが上手いかどうかは置いといて、「この人、教えるの上手だな」「お客さんの乗せ方がうまいな」「へえー、僕とは違うけど、こういう身体の使い方もあるんだな」など、「なるほどね」と思うことが、いくつもありました。

わかりやすく言うと、ダンスを教えていたり踊っている他人の姿を客観的に見ることで、「自分だったらどうするか」考える機会ができるので、自分のダンスに対する姿勢や、身体の使い方にフィードバックできますよって話です。

何がいいたいかと言うと、普段参加しないレッスンを受けることで、自分の中に新しい刺激が加わって、自分のダンスの練習スタイルが良い方向に変わっていきますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です