ダンスで首が動かせない原因と改善方法【前後左右に少しずつ動かしてみましょう】

首が動かせない原因とは

ダンスを練習していて、なかなか首が動かせないんだけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

首が動かせない人は、前後左右の動きを少しずつ練習すると良いです

ダンスを踊っていて、手足の動きばかり練習して、首の動きができずにできないまま振り付けを練習している人は、考え方を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、首の動きもダンスにとって大事だからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、首が動かせないって言いつつも、首を動かす練習をしようとしない人は、いつまでたってもダンスが上達しないですよって話です

じゃあどうしたら良いかと言うと、首を前後左右に動かす練習をしたら良いです。

例えば、正面を向いたまま、首を前に出してみて下さい。

今度は、首を後ろにグーッと出してみましょう。

首がほとんど動かせない人は、首もですが、肩周りや胸の筋肉が固い証拠です

首を動かす練習と同時に、肩のストレッチ、胸のストレッチをセットで行ったほうが良いかと思います。

さらに、正面を向いたまま首を左にスライドさせてみて下さい。

今度は、正面を向いたまま首を右にスライドさせてみましょう。

正面を向いたまま首をスライドさせられない人は、両手のひらをほほの近くに持ってきて、頬が手のひらにくっつくように首を動かしてみて下さい。

はっきり言って、最初はほとんど動かせないと思います。

ですが、続けていくと、少しずつ首が動くようになってくるはずですので、地道に練習するとよいかと思います。

まとめると、首が動かせない人は、肩と胸のストレッチを同時にやりつつ、首を動かす練習をすると良いですよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です