ダンスで首を痛めやすい原因と改善方法【優しく首を動かしましょう】

ダンスで首を痛めやすい原因とは

ダンスを踊っていて首を痛めやすいけど、どうしたらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスで首を痛めやすい人は、普段の練習で首をゆっくり動かすと良いです

振り付けで首を大きく動かす動きが出てきたときに、一生懸命動かしてしまう人は、気を付けた方が良いです

何故かと言うと、首はちょっとした原因で痛めてしまいやすいからです。

じゃあどうしたらいいかと言うと、首をゆっくり動かす練習をしてみて下さい

例えば、ジャズダンスでよく使われる首を横に倒す動きをやってみて下さい。

激しく首を振ってしまって首を痛めやすい人は、首を痛めやすい身体の状態になっている証拠です。

無理をせず、ゆっくり首を動かすようにすると良いです。

可動域目いっぱいに首を早く動かして首を痛めてしまう人は、首に負担をかけてしまいがちです。

練習中は、できるだけ可動域を狭くして、無理のない範囲で行うと良いです。

もう少し突っ込んだ話をすると、首周りは神経がたくさんあるデリケートなパーツなので、なるべく無理をせず、ゆっくりと小さな範囲で動かしたほうが良いですよって話です

さらに言うと、ジャズダンスで使われるような首を倒したり上下に動かす動きは、激しい動きとセットになることが多く、首への負担が大きいということを覚えておいてください。

どちらかと言うと、アニメーションダンスで使われるような、首をゆっくりなめらかに前後左右に動かす動きの方が、首への負担は少ないです

ですので、長い目で見て首を柔らかく使っていくなら、首を前後左右に動かす動きの方が、継続的に続けていけるかと思います。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です