ダンス基礎!腰と腕でリズムをとる動きのやり方!

こんな方におすすめ

  • 腰を使ってリズムをとる動きのやり方を知りたい。
  • 腰と腕を使って簡単にリズムをとりたい。
  • 腰のアイソレーションを使った動きのバリエーションを増やしたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ダンスには、いろいろなリズムのノリ方がある
  • 船を漕ぐように腰と腕でリズムをとる動きのやり方
僕は、週2回ダンススクールに通っています。

ダンスコンテストに向けて、毎日のようにダンスを練習しています。

ダンスコンテストについては、以下の記事に書いています。

ダンスイベントに出るためにしておきたい準備について解説!

イベント向けの振り付けで、腰と腕を使ってリズムをとる動きが出てきますので、記事にまとめてみました。

ダンスにはいろいろなリズムのノリ方がある

ダンスには、いろいろなリズムのノリ方があります。

ヒップホップ、ガールズ、ワック、ロックと様々なジャンルに共通して使える「リズムのノリ方」というものがあります。

頭の高さを変えずにかかとを上げる動きや、腰と腕でリズムをとる動きなどいろいろあります。

ダンス基礎!頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方

今回は、船を漕ぐように腰と腕を使ってリズムをとる動きのやり方を深掘りしていきます。

船を漕ぐように腰と腕を使ってリズムをとる動きのやり方

「腰と腕を使う+エンカウントでもリズムを入れる」ことで、リズムに乗っている感じが出せます。

「つま先立ち⇔かかと重心」を上手に切り替えて、身体の向きを変えていきます。

こんな方におすすめ

  • 腰と腕を使って簡単にリズムをとりたい
  • 腰のアイソレーションの動きをダンスに使いたい

船を漕ぐように腰と腕を使ってリズムをとる動きのやり方

右足を前に出して、足を前後に開いて立ちます。

エンカウントで、両腕を前に出します。

1で、腰を前に出す+両ひじを後ろに引きます。

足はつま先立ちの状態です。

エンカウントで、両腕でリズムをとります。

2で、身体の向きを横に切り替える+腰を後ろに出す+両ひじを後ろに引きます。

足は、つま先が浮いてかかとに体重を乗せている状態です。

エンカウントで、両腕でリズムをとります。

同時にかかとを使って、後ろに身体を向けていきます。

3で、腰を前に出す+両ひじを後ろに引きます。

足はつま先立ちの状態です。

出来そうであれば、エンカウントで両腕でリズムをとります。

細かいリズムを刻めると、よりリズムに乗っている感じが出せます。

4で、後ろ向きに立ちます。

補足

ダンス初心者の方は、上体がぶれやすいです。

体幹を固定したまま、腰で船を漕ぐイメージで行っていきます。

体幹がぶれてしまう方は、腰の動きを小さくして、少しずつ身体に動きを覚えさせていきましょう。

ザックリいうと「上体が固定されている状態+腰と腕を動かす」イメージです。

上体が固定されていることで、動きがかっこよく見えます。

おすすめの関連記事

頭の高さを変えずにかかとを上げる動きで、簡単にかっこよくリズムにノれます。

ダンス基礎!頭の高さを変えずにかかとを上げる動きのやり方

まとめ

船を漕ぐように腰と腕を使ってリズムをとる動きは、ヒップホップでよく使われる基礎技です。

しっかりマスターしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。