ダンスで腰を痛めやすい場合の改善方法【激しい動きはやりすぎないように注意】

ダンスで腰を痛めやすい場合の改善方法とは

ダンスで腰を痛めやすいんだけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスで腰を痛めやすい人は、激しい動きをやりすぎないようにすると良いです

ダンスを踊っていて慢性的に腰を痛めてしまっている人は、行動を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、腰が痛いままずっとダンスを続けていると、腰を故障してしまう恐れがあるからです

もっと突っ込んだ話をすると、腰の痛い状態が当たり前になってしまうと、炎症が慢性化して取り返しのつかないことになりますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、激しい動きをやりすぎないようにすると良いです

例えば、腰を使ったアイソレーションの前後の動き、腰を回す動きなどを、激しくやりすぎないようにしましょう

イベントなどで披露するときは、激しい動きも必要ですが、普段の練習やレッスンでは、なるべく柔らかくゆっくり動かすようにすると良いかと思います。

何がいいたいかと言うと、腰が痛くて痛みがずっと治らないのに、激しい動きを繰り返すと、長い目で見たときにダンスが続けられなくなりますよって話です。

具体的に言うと、急激な激しい動きは、筋肉を一瞬でグッと伸び縮みさせるので、やりすぎると人体にとってはあまりよろしくないって考えてもらったら良いです

補足

「腰が痛くても俺は、キレキレで常に練習するし、踊り続けるんだ」って人は、この記事を読まなくても良いかと思います。

どうぞ、キレキレに腰を動かし続けて下さい。

はっきり言うと、激しい動きをやり続けることは、人体にとって負担が大きいので、身体のためにも、普段から柔らかくゆっくり動くことが大事だよって考えてもらったら良いです

まとめると、ダンスで腰を痛めやすい人は、激しい動きをやりすぎないようにして、身体を柔らかくゆっくり使うと良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です