基礎練習が大事だと言われる本当の理由【ダンスを始めようとする人へ】

基礎練習が大事だと言われる本当の理由とは

ダンスにおける基礎練習って、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスで基礎練習が大事だと言われる本当の理由についてお話します

ダンスを上達させたいと思っているのに、基礎練習もせずに振り付けばかりにこだわっている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、基礎練習をしていないと、どんなに振り付けを踊ってもダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、振り付けを真似して手足を動かしているだけで「俺めっちゃ踊れてる」って思っている人は、間違いなくダンスが上達しないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、基礎練習をすると良いです

例えば、胸を前後左右に動かしてみて下さい

胸を前に出すときに、肩に力が入ってしまう人は、肩と胸が固い証拠です。

肩のストレッチ、胸のストレッチをすると良いです。

もっと言うと、胸を後ろに引っ込める動作があまりできない人も、肩と胸が固い証拠です。

そして、胸を左右に動かせない人は、ダンスに必要な基礎動作ができていない証拠です。

腹筋の力を使って、胸を左右に動かす練習をしてみて下さい。

何が言いたいかと言うと、振り付けの真似事をして、手足だけを動かしている人は、ダンスの基礎となる身体の内側から使えていないので、何をしてもダンスが硬い動きになってしまいますよって話です。

はっきり言うと、ダンスをきちんと踊り込んでいる人ほど、身体の内側から柔らかく、流れるように身体を動かしているって考えてもらうと良いです。

具体的に言うと、ダンスの基礎練習である、アイソレーションを丁寧にやり込んでいる人は、確実にダンスが上達していきますよって話です

まとめると、振り付けの真似事をどんなに練習してもダンスは上達しないので、ダンスの基礎練習である、アイソレーションを丁寧にやり込んで、身体の内側から使ってダンスを踊るようにすると、少しずつダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です