アイソレーションはすべてのダンスの最も重要な基礎

アイソレーションはすべてのダンスの最も重要な基礎とは

アイソレーションって、ダンスをする上でどういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

アイソレーションは全てのダンスの基礎であり、ダンスそのものです

ダンスって言うと、激しいフットワークやステップに目が行きがちで、派手な動きばかり練習している人がいますが、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、どんなにステップや派手な動きを練習しても、アイソレーションができていないといつまでたっても上達しないからです

ダンスのアイソレーションとは、首、胸、肩、腰などの身体のパーツを、独立させて動かす動作のことを言います。

わかりやすく言うと、身体の体幹を固定したまま、パーツだけを動かしていく動きだってことを覚えておきましょう。

例えば、サイドステップを踏みながら前後に歩いてみて下さい。

手や足を使って大きく動くのは良いですが、それはテクニックですので練習すれば誰でもすぐにできるようになります。

じゃあ、どうしたら良いかって言うと、サイドステップを踏みながら、体幹をぶらさずに胸を回してみて下さい。

胸が回せないようであれば、胸のアイソレーションをきちんと練習したほうが良いかと思います。

また、首を回しながら、腰を回しながらサイドステップを踏んでみて下さい。

首が回せないようであれば、首のアイソレーションをやっていき、腰が回せないようであれば腰のアイソレーションをやったほうが良いです。

もう少し突っ込んだ話をすると、アイソレーションの動きはダンスの根本となる基礎の動きであって、手や足の表面的なテクニックの動きをどれだけ練習しても、身体の内側部分が動いていないので、ダンスは上達しないですよって話です

さらに言うと、人前でダンスを披露するときは、動きのキレであったり手足を大きく使って動くのは大事ですが、それはあくまで振り付けとして人に見せるときのテクニックであって、根本的なダンスの上達にはつながらないです。

まとめると、ステップを踏まずにその場で、アイソレーションを使って身体を動かすだけでも、ダンスになりますよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です