常に身体の軸をまっすぐにする【ダンスの根幹となる身体の使い方】

常に身体の軸をまっすぐにするとは

ダンスにおける身体の軸ってどういうものなの?

という疑問に簡単に答えていきます。

常に頭から爪先までを一直線に保つことで、身体の軸がまっすぐになります

身体の軸を意識せずなんとなく踊っているなら、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、軸を意識できていないと動きがぶれてしまうからです。

例えば、その場でサイドステップを踏んでみて下さい。

片方の肩が前に出てしまう人は、体幹の軸がぶれている証拠です。

常に身体を正面に向けたまま、ステップを踏んでみましょう。

身体が上下にぶれてしまう人は、体幹が弱いです。

自分の身体を支えられるだけの体幹の筋肉を付けるために、腕立て伏せ、スクワットなどの自重トレーニングをしたら良いかと思います。

もう少し突っ込んだ話をすると、テクニックとして敢えて肩を前に入れることはありますが、軸をまっすぐにする練習になりませんので、軸が定まっていない人がやるのは、あまりよろしくないですよって話です

まとめると、身体の軸をまっすぐに保つには体幹の筋肉が必要で、普段からしっかり鍛えておき、動くときも体幹をぶらさない意識が大事だよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です