簡単な動きで、身体の使い方を覚える【簡単な動きをかっこよく踊るための練習】

ダンスを上達させるためには、基礎となる立ち方、歩き方などの身体の使い方、身体を内側から動かすためのアイソレーションの練習をすることが、とても大事です。

ただし、基礎となる身体の使い方を、ダンスの動きに入れ込んでいくためには、シンプル過ぎるくらい簡単な動きの練習をすることも、大事になってきますよってことも覚えておいてください。

何がいいたいかと言うと、難しい動きができるようになるのも大事だけど、簡単な動きをかっこよく踊れるようになることも大事だよって話です。

ということで、簡単な動きをかっこよく踊るための練習についてお話していきます。

ダンスを上達させたくて、難しい動きばかりにこだわって、シンプルな動きを練習していない人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、どんなに難しい動きをできても、簡単な動きができないと、動きがぎこちなくなってしまうからです

もっと突っ込んだ話をすると、簡単な動きを、サラッとかっこよく踊れたほうが、難しいことができるよりも、他人から見たときにかっこよく見えますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、簡単な動きをかっこよく踊るための練習をすると良いです

例えば、普通にVステップをやってみてください

なんとなく棒立ちになって歩いてしまう人は、身体が固い証拠です。

前に行くときは、骨盤から動かして、太ももを動かして、最後につま先が床につくように、身体を連動させて前にステップを入れてみましょう。

さらに言うと、戻るときは、お尻から後ろに下がって、太ももを動かして、最後につま先が床につくようにして、後ろに下がるようにしてみてください。

何がいいたいかと言うと、簡単な動きをかっこよく踊るためには、きちんとしたポイントを押さえて、練習していくことが大事ですよって話です

はっきり言うと、難しい動きができても、簡単な動きをかっこよく踊れないっていうのは、あまり宜しいことではないですよって話です。

まとめると、簡単な動きをかっこよく踊るための練習をして、シンプルな動きもきちんと丁寧にやり込むことが、ダンス上達には大事ですよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です