ダンスをかっこよく見せる方法を徹底解説!!

こんな方におすすめ

  • ダンスをかっこよく踊りたい。
  • ダンスの動きをかっこよく見せたい。
  • ダンスに使える「見せるための」身体の使い方を知りたい。

 
僕は、最近ガールズダンス、ジャズダンス、韓流ダンスの研究をしてます。

すると徐々に「ダンスをかっこよく見せる方法」がわかってきました。

ということで、記事にまとめてみました。

ダンスをかっこよく見せる方法を動画で徹底解説!!

youtubeにダンスをかっこよく見せるための方法を投稿してます。

ですので、動画を見つつ記事を読んでみてください。

注意

徐々に動画を追加していきます。

かっこいいクラップの入れ方

手拍子のことを、英語でクラップと言います。

ダンス的に「クラップ」と表現したほうがかっこいいので、クラップで説明しますね

まずは、両足を肩幅くらいに開きます。

両手を肩幅くらいに開いた状態で、高く上げます。

リズムに合わせて、クラップを入れます。

そのときに、指先を意識してください。

クラップでの指先の意識

人差し指を伸ばして、指先に意識を集中させます。

さらに、小指・薬指・中指を揃えます。

この2つを意識した状態で、クラップを入れてみてください。

たぶん、何も指先を意識しないときに比べて、クラップの見た目がかっこよくなってるはずです。

女性も男性も「胸を張る」

ガールズ系、ジャズ系、バレエのダンスでは、胸を張る姿勢で踊ることが大事だと言われています

ですが、男性がダンスをかっこよく踊るときも、胸を張った姿勢を意識することはとても大切なんです

ということで、胸を張ることについてお話していきます。

胸を張ることを意識して立つ

ヒップホップやロックダンスを習い始めた人は、猫背になっているパターンが圧倒的に多いです。

シルエット的に、猫背に見えるんでしょうが、上手い人の動きを見てみてください。

ダンスが上手い人で、猫背で踊っている人は、ほぼいません。

ですので、ダンスの練習中に立つときに、胸をグーッと張ってみてください。

すると、猫背で前に出ていた首が本来の位置に戻ってきて、身体のラインがまっすぐきれいになるはずです。

「モデルのように」かっこよく歩く

歩き方は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

ダンスイベントの登場シーンや退場シーンで、ダンサーの歩き方がかっこいいと、つい見てしまいますよね

ということで、モデルのようにかっこよく歩く方法について、お伝えしていきます。

男性が「モデルのように」かっこよく歩く方法

男性は、その場で立ったまま、胸を張ってみてください。

胸を張った状態で、歩いていきます。

そのまま普通にかかとから歩いても、胸を張っているだけでシルエットが綺麗にみえるはずです。

更にかっこよくするために、歩くときに、つま先から歩くようにしましょう。

つま先に意識を集中させて歩くと、見ている人に「この人、つま先まで意識がいってるな」というのが伝わります。

注意

男性に「胸を張って歩いて」と言うと、肩が上がっていかり肩になっているパターンの方が多いです。

肩の力を抜いて、腕をリラックスさせて歩くようにしましょう。

女性が「モデルのように」かっこよく歩く方法

女性も、男性と同じように、その場で立ったまま胸を張ります。

そして、女性特有の身体のラインを活かすために、お尻にも意識を持っていきます

お尻を後ろにプリッと上げてみてください

グーッと胸を前に出して、お尻が後ろにプリッと上がった状態を作ります。

そのままの姿勢で、歩いてみてください。

そのまま普通にかかとから歩いても、シルエットが女性らしく綺麗に見えるはず。

そして、更にかっこよくするために、男性のモデル歩きと同じ様に、女性もつま先から歩くようにしましょう。

特に女性の場合、つま先まで意識して歩けるようになると、ダンスの動きが洗練されて見えるようになります。

「女性」だけでなく「男性も」脇を閉じる

女性らしい動きを表現するときに、ダンスでは「脇を閉じる」ことが大事だと言われています。

ですが、「男性も」脇を閉じることで、動きが閉まって見えるんです。

ということで、脇を閉じることについてお伝えしていきます。

脇を閉じてボディーウェーブを入れる

ボディーウェーブを入れるときに、腕をなんとなくブラブラさせるのではなくて、脇を閉じてみてください。

脇を閉じるだけで、身体のラインが綺麗に見えます。

そして、女性らしい動きを表現するときは、特に「脇を閉じる」ことを意識してみてください

脇を閉じたまま歩く

歩くときに、なんとなく手をぶらぶらさせるのではなくて、脇を閉じて歩いてみてください。

脇を閉じるだけで、歩いている姿が、様(さま)になってきます。

脇を閉じて、腕を振る

ガールズダンスの動きで、下から上に両腕を3回振りつつ徐々に腕の位置を上げていく動きがあります。

そのときに、脇を開いてしまうと、ワイルドで雑な動きになってしまいます。

ですので、脇を閉じた状態を意識して、腕を上げていってみてください。

脇を閉じることで、女性らしいきれいな腕の動きに見えるようになります。

女性も男性も「指先」を意識する

指先は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

女性的な身体のラインを活かした、ガールズ系、ジャズ系、バレエのダンスでは「指先を意識して」とよく言われます

ですが、男性がダンスを踊るときも指先の意識が大事になってくるんです

ということで、ダンスをかっこよく見せるための指先の意識についてお伝えしていきます。

人差し指に意識を集中させて「セクシー」に見せる

ダンスで手をのばす仕草をするとき、なんとなく腕を伸ばすのではなくて、人差し指に意識を集中させてみてください。

力強さを表現するときは、すべての指を開くこともあります。

ですが、「セクシー」な雰囲気を出したいときは、人差し指を伸ばして、人差し指に意識を集中させましょう。

指先に意識が集中しているだけで、動きが美しく見えるようになります。

小指・薬指・中指を揃えてさらに「セクシー」な指先を表現する

人差し指を伸ばすのと同時に、小指・薬指・中指を揃えてみてください。

ザックリ言うと「ブタちゃんのヒヅメをアニメで表現したときのようなシルエットを指先で作る」イメージです。

すると、より指先の動きがセクシーに洗練されて見えるようになります。

注意

今後、さらに内容を追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です