ダンスをかっこよく見せる方法を徹底解説!!

こんな方におすすめ

  • ダンスをかっこよく踊りたい。
  • ダンスの動きをかっこよく見せたい。
  • ダンスに使える「見せるための」身体の使い方を知りたい。

 
僕は、最近ガールズダンス、ジャズダンス、k-popダンスの研究をしてます。

すると徐々に「ダンスをかっこよく見せる方法」がわかってきました。

ということで、記事にまとめてみました。

ダンスをかっこよく見せる方法を動画で徹底解説!!

youtubeにダンスをかっこよく見せるための方法を投稿してます。

ですので、動画を見つつ記事を読んでみてください。

かっこいいクラップの入れ方

手拍子のことを、英語でクラップと言います。

ダンス的に「クラップ」と表現したほうがかっこいいので、クラップで説明しますね

まずは、両足を肩幅くらいに開きます。

両手を肩幅くらいに開いた状態で、高く上げます。

リズムに合わせて、クラップを入れます。

そのときに、指先を意識してください。

クラップでの指先の意識

人差し指を伸ばして、指先に意識を集中させます

さらに、小指・薬指・中指を揃えます

この2つを意識した状態で、クラップを入れてみてください。

たぶん、何も指先を意識しないときに比べて、クラップの見た目がかっこよくなってるはずです。

女性も男性も「胸を張る」

ガールズ系、ジャズ系、バレエのダンスでは、胸を張る姿勢で踊ることが大事だと言われています

ですが、男性がダンスをかっこよく踊るときも、胸を張った姿勢を意識することはとても大切なんです

ということで、胸を張ることについてお話していきます。

胸を張ることを意識して立つ

ヒップホップやロックダンスを習い始めた人は、猫背になっているパターンが圧倒的に多いです。

シルエット的に、猫背に見えるんでしょうが、上手い人の動きを見てみてください。

ダンスが上手い人で、猫背で踊っている人は、ほぼいません。

ですので、ダンスの練習中に立つときに、胸をグーッと張ってみてください。

すると、猫背で前に出ていた首が本来の位置に戻ってきて、身体のラインがまっすぐきれいになるはずです。

「モデルのように」かっこよく歩く

歩き方は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

ダンスイベントの登場シーンや退場シーンで、ダンサーの歩き方がかっこいいと、つい見てしまいますよね

ということで、モデルのようにかっこよく歩く方法について、お伝えしていきます。

男性が「モデルのように」かっこよく歩く方法

男性は、その場で立ったまま、胸を張ってみてください。

胸を張った状態で、歩いていきます

そのまま普通にかかとから歩いても、胸を張っているだけでシルエットが綺麗にみえるはずです

更にかっこよくするために、歩くときに、つま先から歩くようにしましょう

つま先に意識を集中させて歩くと、見ている人に「この人、つま先まで意識がいってるな」というのが伝わります。

注意

男性に「胸を張って歩いて」と言うと、肩が上がっていかり肩になっているパターンの方が多いです。

肩の力を抜いて、腕をリラックスさせて歩くようにしましょう。

女性が「モデルのように」かっこよく歩く方法

女性も、男性と同じように、その場で立ったまま胸を張ります。

そして、女性特有の身体のラインを活かすために、お尻にも意識を持っていきます

お尻を後ろにプリッと上げてみてください

グーッと胸を前に出して、お尻が後ろにプリッと上がった状態を作ります。

そのままの姿勢で、歩いてみてください。

そのまま普通にかかとから歩いても、シルエットが女性らしく綺麗に見えるはず。

そして、更にかっこよくするために、男性のモデル歩きと同じ様に、女性もつま先から歩くようにしましょう。

特に女性の場合、つま先まで意識して歩けるようになると、ダンスの動きが洗練されて見えるようになります。

「女性」だけでなく「男性も」脇を閉じる

女性らしい動きを表現するときに、ダンスでは「脇を閉じる」ことが大事だと言われています。

ですが、「男性も」脇を閉じることで、動きが閉まって見えるんです。

ということで、脇を閉じることについてお伝えしていきます。

脇を閉じてボディーウェーブを入れる

ボディーウェーブを入れるときに、腕をなんとなくブラブラさせるのではなくて、脇を閉じてみてください。

脇を閉じるだけで、身体のラインが綺麗に見えます。

そして、女性らしい動きを表現するときは、特に「脇を閉じる」ことを意識してみてください

脇を閉じたまま歩く

歩くときに、なんとなく手をぶらぶらさせるのではなくて、脇を閉じて歩いてみてください。

脇を閉じるだけで、歩いている姿が、様(さま)になってきます。

脇を閉じて、腕を振る

ガールズダンスの動きで、下から上に両腕を3回振りつつ徐々に腕の位置を上げていく動きがあります。

そのときに、脇を開いてしまうと、ワイルドで雑な動きになってしまいます。

ですので、脇を閉じた状態を意識して、腕を上げていってみてください。

脇を閉じることで、女性らしいきれいな腕の動きに見えるようになります。

女性も男性も「指先」を意識する

指先は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

女性的な身体のラインを活かした、ガールズ系、ジャズ系、バレエのダンスでは「指先を意識して」とよく言われます

ですが、男性がダンスを踊るときも指先の意識が大事になってくるんです

ということで、ダンスをかっこよく見せるための指先の意識についてお伝えしていきます。

人差し指に意識を集中させて「セクシー」に見せる

ダンスで手をのばす仕草をするとき、なんとなく腕を伸ばすのではなくて、人差し指に意識を集中させてみてください。

力強さを表現するときは、すべての指を開くこともあります。

ですが、「セクシー」な雰囲気を出したいときは、人差し指を伸ばして、人差し指に意識を集中させましょう。

指先に意識が集中しているだけで、動きが美しく見えるようになります。

小指・薬指・中指を揃えてさらに「セクシー」な指先を表現する

人差し指を伸ばすのと同時に、小指・薬指・中指を揃えてみてください。

ザックリ言うと「ブタちゃんのヒヅメをアニメで表現したときのようなシルエットを指先で作る」イメージです。

すると、より指先の動きがセクシーに洗練されて見えるようになります。

腰が大事!腰を入れてリズムに乗る

腰の使い方は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

ダンス初心者が、棒立ちのままステップを踏むのと、ダンス経験者が腰を入れてステップを踏むのでは、見たときの印象が圧倒的に違うはず

ということで、腰を入れてリズムにのるやり方についてお伝えしていきますね。

サイドステップで腰を入れてリズムに乗るやり方

まずは、普通にサイドにステップを踏みましょう。

そのままだと、棒立ちになってしまいますよね。

ですので、ここから腰を入れていきます。

右にサイドステップを踏むときに、腰を右へ動かしていきます。

腰が動いたら、右足も連動させて右に動かしていきます。

腰と足で半円を描くようなイメージです

同じように、左にサイドステップを踏むときに、腰を左へ動かしていきます。

腰が動いたら、左足も連動させて左に動かしていきます。

腰と足で半円を描くようなイメージです

一連の動きを、くりかえしていきましょう。

「ヌルっと」した感じでリズムに乗ろう

1・2・3・4と決められたカウントでガチガチに動くのではなく、カウントの間をなめらかに動くようにサイドステップを踏んでみてください

動きに慣れてきたら「ヌルっと」動くという言葉の意味が、わかってくるはず。

ヌルっと動けるようになると、ダンス経験者っぽくかっこよくリズムに乗れるようになります。

次に、ボックスステップでのリズムの乗り方について、お伝えしていきますね。

ボックスステップで腰を入れてリズムに乗るやり方

まずは、普通にボックスステップを踏みましょう。

そのままだと、棒立ちになってしまいますよね。

ですので、ここから腰を入れていきます。

左にボックスステップを踏むときに、左腰を入れていきます。

左のボックスステップは、右足クロス・左足でバック・右足でバック・左足でクロスの動きを繰り返すシンプルな動きです

左足でバックするときに、腰を左に入れていきましょう

そして、右足でバックするときに、腰を右に入れていきましょう

お尻をプリッと斜め後ろに出すイメージです

一連の動きをくりかえしていきましょう。

同じように、右にもボックスステップを踏んでいきます。

右のボックスステップは、左足クロス・右足でバック・左足でバック・右足でクロスの動きを繰り返すシンプルな動きです

右足でバックするときに、腰を右に入れていきましょう。

そして、左足でバックするときに、腰を左に入れていきましょう。

お尻をプリッと斜め後ろに出すイメージです

一連の動きをくりかえしていきましょう。

「ヌルっと」セクシーさを出してリズムに乗る

ボックスステップを踏むときに、腰を入れるだけでセクシーな雰囲気を出すことが出来ます

理由はシンプルで、人間の脳は、腰やお尻がなめらかに動いていると、視覚的にセクシーを感じるように出来ているからです。

ですので、腰を入れて「ヌルっと」ボックスステップを踏むことで、かっこよくセクシーな動きに見せることができるようになります

腰を入れるためには、アイソレーションが大事です

腰を入れてリズムに乗る動きが出来ない方は、アイソレーションの練習が必須です。

別記事で「ダンス初心者と経験者の違い」という内容で、アイソレーションについて詳しく解説してますので、目を通してみてください

ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?徹底解説!!

胸を使って!胸を動かしてリズムに乗る

胸の使い方は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

例えば、ダンス初心者が、なんとなくショルダーをやるのと、ダンス経験者が胸を入れてショルダーをやるのでは、見たときの印象が全然違ってくるんです

ということで、胸を入れてリズムに乗るやり方についてお伝えしていきますね。

胸を入れた「ショルダー」のやり方

ショルダーというのは、斜め前に肩を動かす動きのことを言います。

まずは、普通にショルダーをやってみましょう。

ダンス初心者の場合、間違いなく肩だけを動かしているはず

ですが、肩だけ動かしてもかっこいい動きにならないんです。

じゃあ、どうしたらいいか?

ショルダーをかっこよく見せるために、肩ではなく胸を入れていきます

右にショルダーを入れるときに、右胸を右斜め前に出して、連動するように右肩を右斜め前に出します

そして、左にショルダーを入れるときに、左胸を左斜め前に出して、連動するように左肩を左斜め前に出します。

一連の動きをくりかえしていきましょう。

太ももを使って!重心を落として動く

重心の使い方は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

例えば、ダンス初心者が、なんとなく重心を落とすのと、ダンス経験者が重心を落とすのでは、見たときの印象が全然違ってくるんです

ということで、重心を落として動くやり方についてお伝えしていきますね。

重心を落として動くやり方

まずは、足を肩幅よりも広めに開いて立ちます。

胸を張ったまま、背中を真っ直ぐにして太ももに体重を乗せていきます。

動作的には膝を曲げるような動きです。

ひざを伸ばして、まっすぐ立った状態に戻ります。

動きをくりかえしていきましょう。

「スクワット」のように胸をしっかり張ったまま動こう

ダンス初心者が重心を落とそうとすると、猫背になっているパターンが多いです。

先輩や先生が重心を落とす動きを見たときに「猫背になっている」ように見えるんですよね。

ですが、実際は猫背になっていないんです。

重心を落とすときは、筋トレのスクワットをイメージして、胸を張ったまま動いてみてください。

猫背にならずに背中がまっすぐの重心を落とせるようになると、かっこいい動きになっていくはず。

両手を合わせて、手の位置が動かないように重心を移動させる

重心の落とし方がわかってきたら、円を描くように重心を移動させる練習もやってみましょう

胸の前で両手を合わせます

両手の位置を動かさないようにして、上体と足で時計回りに円を描くように重心を移動させていきます

動きをくりかえしていきましょう。

慣れないうちは、猫背になりやすいですので、最初は小さい動きで大丈夫です。

徐々に動きを大きくしていきましょう。

肩を落として!身体の角度を意識して動く

身体の角度は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

例えば、ダンス初心者が、なんとなく前を向いたままジゴロをやるのと、ダンス経験者が身体の角度を決めてジゴロをやるのでは、見たときの印象が全然違ってくるんです

ということで、身体の角度を意識した動き方についてお伝えしていきますね。

身体の角度を意識した動き方

まずは、ジゴロをやってみてください。

ジゴロというのは、肩を上げて下げる動きです。

どうでしょうか?

普通にやっても、あまりかっこよくならないですよね。

じゃあ、どうしたらいいでしょうか?

やるべきことはシンプルでして、身体の角度を変えたらいいんです

正面から右を向いて立ってみてください。

右足は右に向けたまま、身体を正面に向けます

右足を右に伸ばして、つま先を立ててみてください。

左足は、身体の動きに合わせて正面に向けます。

左足の膝を、少し曲げましょう。

身体を正面に向けたまま、左肩を落とします

落とした左肩を、少し前に出してみましょう

肩を前に出す角度は、10度から30度位が目安です

自分で鏡を見ながら、かっこよく見える位置を探してみてください。

それぞれの身体に適した、ベストな角度があるはずです。

反対側も、同じようにしてやっていきます。

正面から左を向いて立ってみてください。

左足は左に向けたまま、身体を正面に向けます

左足を左に伸ばして、つま先を立ててみてください。

右足は、身体の動きに合わせて正面に向けます。

右足の膝を、少し曲げましょう。

身体を正面に向けたまま、右肩を落とします

落とした右肩を、少し前に出してみましょう

肩を前に出す角度は、10度から30度位が目安です

k-popの「韓流アイドル」のように「斜に構えて」かっこよく動いてみよう

K-popスターのBTSは、ダンスを踊るときに必ず身体の角度を変えています。

斜めに身体を向けてますので「斜に構えて」と表現しています

ずっと真正面のまま踊っているわけではなくて、前を向いて踊っているようで、身体の角度を少し変えて踊っているはず

そして、前に出している肩を少しだけ落としています。

ですので、BTSのようにかっこよく踊るために、身体の角度と、前に出した肩を下げることを意識してみてください。

ダウンでアクセント!バウンスを入れて動く

動きにアクセントを入れることは、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

例えば、ダンス初心者が、なんとなく音楽に合わせて4歩歩くのと、ダンス経験者がバウンスを入れて4歩歩くのでは、見たときの「リズムに乗ってる感じ」が全然違ってくるんです

ということで、バウンスを入れた動き方についてお伝えしていきますね。

バウンスを入れた動き方

まずは、音楽に合わせて右に4歩歩いてみてください。

きっとダンス初心者の場合、普通に歩いた感じになっているはず。

あまりかっこよくないですよね。

じゃあ、どうしたらいいでしょうか?

やるべきことは、シンプルでして4歩目にバウンスを入れたらいいんです。

足の動きだけでやると、4歩目のときに、軽くダウンを入れます。

これだけでもだいぶ動きがかっこよくなります。

ですが、さらに動きを出すために腕の動きを足していきます。

1歩目で腕をお腹の高さまでヌルっと上げます。

4歩目でヌルっと腕を下げます。

さらに言えば、身体の角度も意識すると、もっとかっこよくなります。

右に進んでいくんですが、身体を正面に向けます。

右肩を少し落とします。

右肩を落としたまま、身体を左に10度から30度位ひねります。

この身体の状態と肩の位置を維持したまま、リズムに乗って右に4歩歩いてみてください。

かなりかっこいい感じになっているはず。

BTSのように「ゆるくかっこいい」感じを出そう

ダンス初心者が、男性k-popアイドルのような「ふわっとした軽い動き」を表現しようとしても、うまくいかないパターンが多いです。

理由はシンプルで、ずっと同じリズムで動いているからです。

動きにアクセントがないと、動きのふわっと感やゆるかっこよさが出てこないんです

じゃあ、どうしたらいいのか?

まずは、動きのアクセントにバウンスを入れてみてください

動きの一部に軽いダウンを入れることで、ゆるいかっこよさが出てくるはず

目で見て!目線を意識してかっこよく動く

目線の使い方は、ダンスをかっこよく見せる上で大切です。

例えば、ダンス初心者が、なんとなく前を向いてずっと踊っているのと、ダンス経験者が目線を変えて踊っているのでは、同じ動きをしても印象が全然違ってくるんです

目線が入るだけで、動きにメリハリが出て、セクシーさも出てきます。

ということで、目線を意識して動くやり方についてお伝えしていきますね。

目線を意識して動くやり方

まずは、肩のアイソレーションを使ってジゴロをやってみて下さい。

たぶん、普通にやると、鏡をずっと見つめたままやってしまいますよね。

ですが、それだけだと、あまりかっこよさがでないはず。

じゃあ、どうしたらいいのか?

やるべきことは簡単で、かっこよく踊るために目線を変えたらいいんです

上の動画は、僕が実際に肩のアイソレーションだけでBTSのダンスを踊っている動画です。

肩の動きに合わせて、目線も一緒に動かしてますよね

肩を動かすときに、アクセントとして目線もセットで動かしてみて下さい

目線が動くだけで、動きにメリハリが出て、セクシーさが出てくるはず。

腕を動かすときも、目線を意識しよう

先ほどは、肩の動きに合わせて目線も一緒に動かすことについてお伝えしました。

次に、腕を動かすときも目線を意識してみましょう。

上の動画は、僕が実際に腕の動きに合わせて目線も動かしてBTSのダンスを踊っている動画です。

腕の動きとセットにして、目線も動いてますよね

腕を動かすときに目線も動かすことで、動きにメリハリが出て、セクシーなシルエットになるんです

ダンスの動きが複雑になってくると、振り付けを覚えるのに精いっぱいになり目線まで動かすのは難しいかもしれません。

ですので、まずは振り付けを覚えましょう。

振り付けを覚えたら、次の段階として目線も意識してみて下さい。

かっこよく踊るために普段から「目線」を意識しよう

ダンスの練習をしているときに、鏡を見つめるのはとても大事なことです

下を向かずに前を向いて踊る癖がつきますからね。

ですが、もっとかっこよく踊るためには、目線を変えることがさらに大事になってきます

普段から、腕を動かすときは腕を見る、肩を動かすときは肩が動いている方向を見る習慣を身に付けてみて下さい。

目線がついてくるだけで、かっこ良いシルエットが表現できるようになるはず。

おすすめの関連記事

その他のダンス記事も、さっと目を通しておいてみてください。

ダンス初心者と経験者の違いは何なのか?徹底解説!!

今ここ↓

ダンスをかっこよく見せる方法を徹底解説!!

k-popダンスをかっこよく踊るための基礎動作を徹底解説!

女性らしさを表現するための美しい仕草について徹底解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です