足を使った早いリズムのステップにばかり目が行きがち【ダンスが上達しない人の特徴】

足を使った早いリズムのステップにばかり目が行きがちとは

ダンスと早いリズムのステップに目が行くことって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスが上達しない人は、足を使った早いリズムのステップにばかり目が行きがちです

ダンスを上達させたいのに、足を使った素早いリズムばかりに目が言って練習している人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、素早いリズムのステップをどんなに練習しても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、足をすばやく動かせることがかっこよいからそれだけをやりたいって姿勢になると、いつまで経ってもダンスが上達しないですよって話です。

補足

「俺は、素早いリズムのステップをずっとやりたいんだよ」って人は、この記事を読まなくても良いかと思います。

どうぞ、ご自身のスタイルで素早いステップを続けていって下さい。

じゃあどうしたらよいかと言うと、ダンスの基礎動作をゆっくり丁寧に練習すると良いです

例えば、胸を前後左右に動かしてみましょう。

胸ではなく、肩が前後に動いてしまう人は、肩周り、胸周りが固い証拠です。

肩のストレッチ、胸のストレッチ、胸のアイソレーションをやって、身体を柔らかくしていきましょう。

胸を左右に動かせない人は、ダンスの基礎的な身体の使い方ができていない証拠です。

お腹の力を使って、小さい動きでもいいので、胸を左右に動かすアイソレーションを練習しましょう。

何が言いたいかと言うと、ダンスの基礎である胸のアイソレーションができていないのに、基礎をすっ飛ばしていきなり素早いステップを練習しても、ダンスは上達しないですよってことを覚えておいて下さい

はっきり言うと、どんなに素早いステップができても、基礎となる身体の使い方ができないままだと「動きが硬い」「表現力がない」「全体的に動きが固い」って、先輩や先生に言われ続けますよって話です。

もっと言うと「いや、俺こんなに早いステップできてるし」ってなって先輩や先生の言葉に耳をかさなくなったら、今以上にダンスが上達することはありえないって考えてもらうと良いです。

まとめると、テクニック重視の素早いステップに惑わされるのではなく、ダンスの基礎となる動きをきちんと丁寧に練習していけば、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です