自分はダンスが踊れてるって、勘違いしてる【ダンスが上達しない人の特徴】

自分はダンスが踊れてるって、勘違いしてる

ダンスと自分は踊れてるって勘違いは、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスが上達しない人は、自分はダンスが踊れてるって、勘違いしてます

ダンス上達させたいのに、自分はダンスが踊れてるって勘違いしている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、自分は踊れてるって思う人は、ダンスが上達しないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、振り付けからダンスに入っていく人は、基礎練習をやっていないので、いつまで経っても基礎ができないまま何年も何年も振り付けだけを踊っていき、基礎がまったくできていないのに自分は踊れてるって勘違いしてますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、踊れてるって勘違いを捨てて、基礎練習をきちんと丁寧にやると良いです

例えば、腰を前後左右に動かしてみて下さい。

腰が柔らかく前後に動かせない人は、骨盤が固い証拠です。

骨盤ストレッチをやりつつ、腰の前後アイソレーションをやり込んでいきましょう。

骨盤を左右に動かせない人も、骨盤と足が固い証拠です。

足のストレッチをやりつつ、腰の左右アイソレーションをやり込んでいきましょう。

何が言いたいかと言うと、ダンスの基礎である腰の動きができていないのに、自分は踊れてるって勘違いして振り付けに入っている人は、いつまで経ってもダンスが上達しないですよってことを覚えておいて下さい

はっきり言うと、振り付けはダンス練習の最後の仕上げなので、普段の練習では「俺踊れてる」っていう勘違いを捨てて、基礎練習をひたすらやったほうが、確実にダンスが上達していきますよって話です。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です