内側から身体を使っている先生のレッスンを受けてみる【ダンス上達のために必要な刺激】

内側から身体を使っている先生のレッスンを受けてみるとは

ダンスにおいて、内側から身体を使っている先生のレッスンを受けるって、どういう意味があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

内側から身体を使っている先生のレッスンを受けてみると良いです

ダンスを上達させたいと思っているのに、いつもと同じ練習だけしている人は、行動を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、自分のいつもの練習だけをしていると、マンネリになってしまい今以上にダンスが上達しなくなるからです

もっと突っ込んだ話をすると、いつもやってる動きは、普通にできてしまうので、自分は踊れてるって勘違いしてしまいますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、内側から身体を使っている先生のレッスンを受けてみると良いです

例えば、ダンスのジャンルは何でも良いので、身体の内側を使って踊っている先生のレッスンを受けてみて下さい。

身体の内側っていうのは、手足を大きく使ったカッコつける動きではなく、身体の内側が動いていて、首が動いて、胸が動いて、肩が動いて、腰が動いて、膝が動いている動きのことを言います。

はっきり言うと、手足を大きく使ったテクニックの動きは、練習すれば誰でもできるようになるので、そうではない、身体の内側から動作が始まっていく身体の使い方をしている先生のレッスンを受けてみると良いですよって話です。

何が言いたいかと言うと、身体の内側から使って動いている人のレッスンを受けると「動きが美しいなあ」「この人、全然カッコつけてないんだけど、流れるようなきれいな動きをするなあ」と、「ダンスって素晴らしいなあ」っていうのが感覚としてわかりますよって話です

まとめると、いつもの自分の練習に慣れてきたら、マンネリになってしまうので、身体の内側から使って動いている先生のレッスンを受けてみると良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です