どんなに振り付けを練習してもダンスが上手くならない理由

どんなに振り付けを練習してもダンスが上手くならない理由とは

たくさん振り付けを練習しても、ダンスがうまくならない理由はなんでなの?

という疑問に簡単に答えていきます。

どれだけ振り付けを練習しても、身体の使い方を学んでいかないと上達しないです

基礎練習をせずに、振り付けばかり踊っている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、どれだけたくさん振り付けの練習をしても、基礎的な身体の使い方ができていないとダンスは上達しないからです。

例えば、ボディーウェーブをやってみてください。

身体がグラグラ揺れてしまう人は、体幹の筋肉が弱いです。

まずは、腕立て伏せ、スクワットなどをして体幹を強くしたほうが良いです。

身体がカクカクぎこちなく動く人は、全身が固い証拠です。

首、胸、肩、背中、腰、足のストレッチをして、身体を柔らかくしていきましょう。

もう少し突っ込んだ話をすると、ウェーブの動き自体ができない人は、どれだけ振り付けのウェーブ部分を練習しても、動きに必要な身体の基礎ができあがってないので、どれだけ振り付けをやり込んでもダンスが上達しませんよって話です

まとめると、ダンスの基礎的な練習を継続してきた結果の最後の仕上げとして、振り付けを練習すると良いですよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です