自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人は、相手にしない【ダンス上達のための心理学】

自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人は、相手にしないとは

ダンスにおいて、自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人って、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人は、相手にしないようにすると良いです

ダンス上達したいと思っていて、「自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人」に何か言われてダンスの練習をやめてしまう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、ダンスの練習を頑張ってる人のことを、偉そうにあーだこーだ言う人は、自分は偉いって勘違いしている可愛そうな人だからです

もっと突っ込んだ話をすると、自分はエライって勘違いしている可愛そうな人に何か言われたことで、あなた自身のやるべき練習をしないのは、もったいないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人は、相手にしないようにすると良いです

例えば、いつもの練習場所で、周りのみんながしないような練習をやってみて下さい

バレエやジャズをやったことがない男性であれば、バレエのストレッチをやってみましょう。

「あいつ、男なのに一人でバレエのストレッチやってる」「めっちゃ受けるw」とかなんとか言われたとしても、そのまま普通に続けてみると良いです。

逆にバレエやジャズをやってる女性の場合は、ロッキンやクランプなどの、キレキレな動きを練習してみましょう。

「あいつ、急にキレキレな動き練習してるけど、どしたん?」「めっちゃ激しい変な動きしてるしw」など何を言われても、知らん顔して練習を続けていくと良いです。

何が言いたいかと言うと、何もしない自分は普通で、普通な自分の考えてることは正しくて、普通な自分はエライんだって勘違いしている人が何を言っても、あなたが気にする必要はないですよって話です。

わかりやすくいうと、自分は何も新しいことをしようともしないで、自分の殻に閉じこもっていつもとおんなじことしかしないのに、他人のことを偉そうにあーだこーだ言う人は、勘違いしている可愛そうな人だし、もしその人がダンスをやってるとしたら、その人は「俺すげえ」って勘違いしていてそれ以上ダンスが上達しない人なので、相手にしないほうが良いですよって考えてもらうと良いです

まとめると、自分は普通で自分はエライと思っている可愛そうな人が何を言ってきても、相手にせず、あなたがやろうと思う練習をきちんと丁寧に続けていくと、徐々にダンスが上達していきますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です