振り付けを早く覚えた自分はかっこいいって勘違いして見栄を張るだけで、基礎練習をしない

振り付けを早く覚えた自分はかっこいいって勘違いして見栄を張るだけで、基礎練習をしないとは

ダンスにおいて、振り付けを早く覚えた自分はすげえって勘違いして見栄を張ることって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

振り付けを早く覚えた自分はかっこいいって勘違いして見栄を張るだけで、基礎練習をしない人について、お話していきます

ダンスが上達する人の特徴を捉えて、自分のスタイルに取り入れていくことが、ダンス上達には最も大事です。

ただ、それと同時にダンスが上達しない人の特徴を捉えることも、自分自身が上達しない人達の悪い方向に引っ張られていかないためにも、知っておく必要があります。

ということで、ダンスが上達しない人の特徴についてお話していきます。

ダンスを上達させたいのに、振り付けを早く覚えた自分はかっこいいって勘違いして見栄を張るだけで、基礎練習をしない人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、振り付けを覚えた自分すげえって勘違いしているだけで、基礎練習をやらない人は、どんなにダンスを練習しても、それ以上上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、振り付けを覚えてることがすごいって勘違いして見栄を張ってるだけの人は、ダンスの基礎的な動作すらできてないことが多いですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、振り付けを覚えるとかうんぬん言う前に、基礎練習をきちんとやると良いです

例えば、胸を前後左右に動かしてみて下さい。

胸が前後に動かせない人は、胸周り、肩周りが固い証拠です。

肩のストレッチ、胸のストレッチをやりつつ、胸を前後に動かすアイソレーションの練習をやると良いです。

胸を左右に動かせない人も、やることは同じで、ストレッチと胸を左右に動かすアイソレーションをやると良いです。

何がいいたいかと言うと、振り付けを覚えるとかそういうのは、ダンスの基礎動作をきちんと練習したあとの最後の仕上げで良いので、まずは身体の基礎的な使い方から練習すると、徐々にダンスが上達していきますよって話です。

はっきり言うと、基礎ができてないうちは、振り付けとかそんなのは覚えなくても良いので、首を動かして、胸を動かして、腰を動かしてと、身体のパーツごとにきちんと動かせるようになるまで、丁寧に練習しておけば、振り付けを覚えて踊ったときに、かっこよく踊れるようになりますよってことを、覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です