女性は、男性の動きをやる【ダンス上達のための心構え】

女性は、男性の動きをやるとは

ダンスで女性が男性の動きをやるって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスで、女性は男性の動きを積極的にやると良いです

ダンスを踊っていて、女だから「ワックしかやらない」「ジャズしかやらない」って思ってる人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、女性的な身体の使い方をさらにレベルアップさせるには、男性の動きも練習する必要があるからです

もっと突っ込んだ話をすると、女子として、女子のワックやジャズをやってると、ゆるい動きになってしまいがちだよって話です。

補足

「あたし、ガチンコな動きで、キレキレでワックやジャズを踊ってるんだけど」っていう人は、この記事を読まなくても良いかと思います。

どうぞ、ご自身のスタイルで頑張って練習を続けて下さい。

ですが、この記事を読んでいただいてる方の大半は、先生や先輩に「動きにキレがない」「パワーが足りない」と言われているはずです。

じゃあどうしたら良いかと言うと、男性特有のキレのある、パワーのある動きを練習すると良いです

たとえば、もし、レッスンなどを受ける機会があれば、一度ロッキンをやってみて下さい。

なぜかと言うと、ロッキンは、イナズマの軌道を描きながら、パワフルな動作の連続で出来上がっているからです

そして、パワフルな動きを練習すると、自分の身体の使い方に「キレを出さないといけないなあ」っていうのが、実感としてわかるかと思います。

補足

動きのキレに着目するんだったら、ボクシングや空手などの、格闘技をやってみるのも良いかと思います。

例えば、大手のジムだったら、スタジオプログラムに格闘技系のレッスンがありますよね。

そういった、格闘技系のレッスンを受けてみると良いです。

学生であれば、格闘技系のクラブやサークルに入ってる知り合いに、格闘技の動作を少しだけでも良いので、教わってみると良いかと思います。

何がいいたいかというと、女子だからと言って、女子的なワックやジャズだけをやるんじゃなくて、他のジャンルだったり、男性がやってる身体の使い方を練習して、動きにキレを取り入れるようにすると良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です